歯科衛生士の仕事(矯正治療中の管理)

こんばんは☆彡

さかの歯科の歯科衛生士の石浦です。

こちらは矯正装置の周りに歯石が付着しています。

こちらは矯正装置を外したら虫歯になってしまっています。

矯正中は、装置に食べ物が絡まったりしやすいうえ歯ブラシが行き届かず歯石が付着したり虫歯になる可能性が高くなってしまいます(・・;)

歯磨きのコツは……
・毛先をワイヤーの下に入れ細かく動かす。
・金具と歯肉の間をよく磨く。
・小回りがきき隅々まで磨けるようにヘッド部分が小さめの歯ブラシを使用する。
・毛先がひらきやすいので歯ブラシはこまめに交換する。
・補助的清掃器具を上手く使う→歯間ブラシ(ワイヤーの下やブラケットのまわり) プラウト(歯ブラシの毛先がコンパクトになったものです。毛先が当てにくい場所)フロス(歯と歯の間)

矯正でキレイな歯並びを手に入れても虫歯ができてしまったりするのはすごく残念です(>_<)
お家での徹底した歯磨きと定期的に歯科医院でクリーニングをする事が大切ですー☆☆

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL