歯科衛生士の仕事(歯周病治療:歯磨き指導編)その1

さかの歯科の歯科衛生士の日高です。

奥歯や重なっている歯、少ししか生えてない親知らず…歯磨きするの苦労されてませんか?
普通の歯ブラシで磨こうとしても、なかなかうまくいきません。

そこで使って欲しいのが、特殊なブラシです。
狭いところや、届きにくい奥歯にぴったりとあたります。

患者さんが、「親知らずが変な味がするのですが?」 と来院されました。
診察してみると、親知らずに磨き残しがありました。
そんな時こそ、このような小さな歯ブラシが有効なのです。

プラウトという歯ブラシです。

患者さんに使っていただくと、
「いままで歯ブラシで届かなかったところが簡単に磨ける!」
と好評でした。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL