歯科衛生士の仕事(歯周病治療:歯石除去編)

みなさん、おはようございます(´・ω・)

さかの歯科の歯科衛生士の日高です。

歯周病の進行状態を確かめるのに、歯周ポケットを測定する方法があります。
歯周ポケットは歯と歯ぐきの境目にある溝のことをさします。

正常なポケットは、2~3mmほどの深さしかありませんが、歯周病が進むとこの溝が深くなります。

原因は、細菌が歯を支えている骨を溶かしてしまったり、歯ぐきを腫らしてしまうからです。

ここに写っている歯ぐきのポケットは、6mmになっています。

歯ブラシで毛先がポケットに届くと言われている深さは2~3mm程度で、深くなると歯ブラシは届かず、常にプラークや細菌がとどまっていることになります。

セルフケアのできない所は、定期的な歯科医院でのプロフェッショナルケアをおすすめします。

さかの歯科でも、行っておりますので、当院スタッフまでご相談ください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL