歯科技工士のお仕事 その7

さかの歯科の歯科技工士の三宅です。

「歯ぎしり装置」の作り方 続き

ある程度吸引したらシートを冷まし模型に馴染ませます。

そして模型からシートを外し、周りのいらない部分をハサミで切っていきます。

切り終わったら端を綺麗に整えて完成です!

歯ぎしり装置は自分の歯を守るのが第一なのですが、それ以外にも音がなくなって家族が夜ぐっすり寝れるようになったと喜んでおられる患者さんもいます。

歯ぎしりが気になる方にはぜひお勧めです(^_^)

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL