歯科技工士のお仕事 その9

さかの歯科の歯科技工士の三宅です。

今回は「仮義歯」の作り方です。

仮義歯とは、前歯が抜歯などで失い、審美的に問題がある場合に、一時的に装着していただくおく仮の入れ歯です。

今回は、前歯が抜けている所に装着する一本の仮義歯の作り方を説明します。

まずはクラスプという歯に引っ掛ける金具を作ります。

これは針金のようなものでペンチを使って歯に合うように手で曲げていきます。
反対側の歯にも同じ金具を作ります。

次に入れ歯の歯ぐきの部分を作ります。

筆を専用の液に浸しピンクの粉につけてすくい上げます。

これを模型に直接盛っていきます。

この粉は液と混ざるとトロトロとした柔らかいものになり、時間が経つと固まります。

続く。。。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL