歯科技工士のお仕事 その3

さかの歯科の歯科技工士の三宅です。

クラウン作り 続き

ワックスで歯の形が出来たら、スプルーと言う細い棒状のワックスをクラウンに付けます。

このスプルーはワックスの一番分厚い所に付けます。
この分厚い所というのがポイントです!!

付け終わったら他にも作ったクラウン達と一緒にスプルーを下にして台に立てていきます。

そして、リングという円柱のもので周りを囲んで埋没材という白い液体を流し込みます。

この埋没材は30分ほどで固まります☆

続く。。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL