歯神社

さかの歯科の歯科衛生士の石浦です。

阪急梅田駅を少し東に行った所にあります♪
前から、こんなとこに「歯神社」なんてあるんや!!っと気になってました。

歯神社は、江戸時代から続く歴史ある神社で、もともと農耕の神様であったと言われ淀川が氾濫した折、ご神体の巨石が歯止めして農民達を守った事に由来するということです。

歯止めしたことから、歯の神と呼ばれ歯痛によく効く神様として信仰されるようになったそうです。

神前の”なで石”を2~3度なでた手で患部に触れると歯痛が治ると言われているようですよ(´▽`)*

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL