歯の種類と本数について

みなさん、こんにちは (*´∇`)

さかの歯科・歯科技工士のS,Nです。

今回は歯の種類と本数についてお話させていただきます。

永久歯は下図のように親しらずを含めて32本の歯で構成されていますが親知らずは正常な位置に生えてくることが少なく抜いてしまう場合が多いので親知らずを除いた28本を永久歯の本数とする場合もあります。
一般的に中切歯、側切歯、犬歯を総称して前歯、第一小臼歯から第三大臼歯までを奥歯と呼びます。

また歯科検診などで「右上6番C」とか言うのを聞いたことがあるかもしれませんが永久歯は以下の通り1~8の数字が割り当てられ、「右上6番C」とは右上の第一大臼歯が虫歯ですよということです。

次に乳歯ですが下図のように全部で20本の歯があります。
永久歯の場合は数字が割り当てられましたが乳歯の場合はローマ字が割り当てられます。

これらは一般的な歯列ですが、数パーセントの方は先天的に歯が数本なかったり、歯があっても顎の骨の中に埋伏していたり、逆に過剰歯と言って歯の本数が多かったり歯の順番が逆だったり、大人になっても乳歯が残っている場合もありますのでご自分の歯とは一致しないところもあるかもしれません。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL