乳歯が抜けたらどうする?

みなさん、こんにちは (*^^)v

さかの歯科、歯科衛生士のR,Mです。

ジメジメした季節に入りましたが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

今回は「乳歯が抜けたらどうする?」ということで、乳歯を保存する意味や洗浄・保管方法についてお話したいと思います。

私達が子どもの頃は、丈夫な歯が生えてくるおまじないとして「下の歯が抜けたら屋根の上に」「上の歯が抜けたら床下に」投げた、という方が多いと思います。

最近では、抜けた乳歯は大切に保管しておくという方が増えています。
私も、記念のために子どもたちの歯を保管しています。

生え変わりで抜けた乳歯の上手な保管方法ですが、歯は汚れが付着したまま放置すると、割れたり変色したり、最悪の場合はカビが生えることもあります。
乳歯は血やたんぱく質などで結構汚れているので、洗浄が必要です。
オキシドールなどで洗浄してからの保管がおすすめです。

又、きれいに洗浄した後は上手に保管したいですね。最近では、乳歯ケースを出産祝いに贈ったり、お友達にリクエストされるお母さんも増えているようです。

虫歯のない乳歯のまま生え変わるよう、きちんと仕上げ磨きをしてあげて下さいね

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL