プラークチェッカー(歯垢染色)

みなさん、こんにちは (*^^)v
さかの歯科、歯科衛生士のR,Mです。
今年は梅雨入りが例年より遅く、まだまだ鬱陶しい天気が続いていますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

先日、小学校3年生の息子がお風呂上がりに「赤いのやりたい」って声を掛けてきました。

「赤いの」とはプラークチェッカー(歯垢染色液)の事です(^_^)

我が家では定期的に歯垢を染め出しして、しっかり歯磨きが出来ているかをチェックしています。

この日は朝食後に慌ただしく歯を磨き、学校での給食後の歯磨きはさぼったようです。

そして下校しておやつを食べ、夕飯を食べ、結局歯磨きは朝の1回だけでした。

染色してみると…かなり汚れていますね。

歯と歯の間、歯と歯茎の境目、奥歯の写真はありませんが噛み合わせの溝もたくさんプラークが残っていました。

プラークは歯の色とよく似ているので、一見きれいに見えますがこのように染め出してみるととても汚れていることが子どもにも伝わります。

この後、3分間きっちり磨き、そしてデンタルフロスで歯と歯の間もきれいにしていました。

こどもたちだけではなく、大人のかたも機会があればプラークチェックをしてみて下さいね♪

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL