シーラント

おはようございます(・ω・)ノ

さかの歯科の歯科衛生士の東山です。

乳歯や6歳臼歯の予防処置のひとつとして、シーラントと呼ばれる処置があります。

臼歯と呼ばれる歯というのは、その名の通り臼のような形をしています。

噛む面がでこぼことしており、非常に汚れがたまりやすく虫歯になりやすい形をしています(>_<)

溝がとても深く歯ブラシが当たりにくいので、とても磨きにくいのです!
おまけに、今までの歯よりも一番奥に生えてくるのでさらに磨きにくいと言うわけです。

このとても深い溝を、プラスチックで埋めてしまおうというのが、このシーラントと呼ばれる処置なのです(*^-^*)

下の写真が術前と術後です(^_-)

いかがですか?

溝をあらかじめ埋めてしまうことによって、溝の中に入り込んでしまう汚れを防ぐことが出来ます。

奥歯が生えたら、この予防処置を考えてみてはいかがでしょうか?

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL