一般歯科・予防歯科 さかの歯科のトップページへ
TOP > 一般歯科・予防歯科

一般歯科

一般歯科虫歯・歯周病を始め、様々なお口のトラブルの大半が一般歯科の分類に入ります。当院では、電動注射器などの最新の医療機器を取り揃え、「痛くない治療」を提供します。
また患者様のレントゲンや口腔内写真などの大切なデータをコンピューターによって一括管理し、モニターに映すことにより「わかりやすく充分な説明」を心がけており、安心して通院していただける「かかりつけ医」として治療させていただいています。

予防歯科

予防歯科

他の生活習慣病とおなじく、予防が一番大切です。

「予防歯科」とは、これまでの「痛くなったら治療する」という考え方とは異なり、
「お口の健康を維持する」という歯科スタイルのことです。

予防歯科

歯を失う原因の74%は虫歯と歯周病(歯槽膿漏)です。
虫歯や歯周病という病気は、細菌感染によって起こることがわかっているため、予防できます。

当院では、虫歯や歯周病になってから治療を行うのではなく、お口の健康を維持していくことが大切だと考えています。予防歯科では、虫歯や歯周病の検査や噛み合わせのチェック、歯の清掃など患者さんに合わせたブラッシングの方法をご提案していきます。

虫歯の予防

よく言われる歯磨きももちろん大切ですが、もっとも効果のある予防法はフッ素とシーラントです。

1.フッ素塗布

フッ素を歯の表面に塗ることで、歯の表面のエナメル質を守り、むし歯菌(ミュータンス菌)の酸を作る働きを抑え、初期むし歯の修復し、むし歯になりにくい強い歯を作ります。
就学前の小さなお子様のむし歯の予防におすすめの処置方法です。

フッ素の詳細ページへ

2.シーラント

虫歯になりやすい歯の溝に、フッ素を配合した樹脂で埋め浅くして、虫歯になりにくくする処置です。

シーラントの詳細ページへ

歯周病の予防

歯周病(歯槽膿漏)の予防には歯磨きがとても大切です。
しかし、時間をかけて丁寧に磨いても、完全に歯垢をとるということはできません。
さらに歯石になってしまうと歯ブラシではとることはできません。
歯医者で歯垢や歯石を定期にとること(メンテナンス)が最高の予防法です。

歯周病の詳細ページへ

予防歯科(メンテナンス)の効果とは?

予防歯科の効果

グラフは、定期健診(定期的なお口のクリーニング)を受けている人は、年をとっても多くの歯を残していることを示すものです。 定期的なお口のクリーニングがむし歯や歯周病の予防に効果が大きいことは、科学的にも証明されています。

各国の定期検診率の詳細ページへ

京都市西京区のさかの歯科での予防歯科(メンテナンス)の流れ

当院では、患者さんの年齢に合わせて、「お口のクリーニング」「治療後のアフターケア」として
定期的なメンテナンス(予防)に特に力を入れています。

定期メンテナンス(おとな編)の詳細ページへ
定期メンテナンス(お子さま編)の詳細ページへ