スタッフブログ さかの歯科のトップページへ
TOP > スタッフブログ

虫歯菌の力をチェック その2

2019年3月28日


みなさん、こんにちは (^◇^) 

さかの歯科、歯科衛生士のN,Kです。

すっかり春めいてまいりました。まだまだ寒い日もありますので体調管理お気を付けください。

さて本日は、虫歯菌の力をチェック その1の続きです。むしばのかかりやすさを調べるものですが、これは 検査をする大体一か月間の糖分を主としたその人の食生活が良かったか悪かったかを判断するものです。

糖分摂取量ではなく、糖分摂取時間が問題になります。ちなみに甘さの度合いも全く関与しないと言われてます。

ここで、一番問題になるのは摂取回数です。また、食べ方も関連してきます。

もちろん全員が全員同じ結果になるとは限りませんが、もし同じような状況にある方は、一度試す価値はあると思います。


双子

一つの印象深い事例があります。 

5歳の双子の男の子で お兄ちゃんは虫歯だらけ、弟くんは一本もありません。 cat(なりやすさを表す指標)は、兄は一番悪い3、弟はなんと1!でした。非常に良い値です。
 
早速お母さんに詳しく問診をし、二人の間食を含む食生活の違いを検証しました。
 
ここで興味深い事に、食事内容、おやつの量、そのあとの歯磨き、母親の仕上げ磨き、等すべてにおいて、2人は同じでした。ただ一つ、口に入る回数だけを除いては。。。

弟は出されたものは一気にあっと言う間に食べてしまいますが、兄は、おしゃべりしながら、遊びながら、のいわゆる(ダラダラ食べ)でした。  

この結果をもとに、兄の食べ方改善をお母さんが実行しました。といっても、(ダラダラ食べ)をやめさせただけです。

そしてその3か月後の定期健診のときにでた結果は、なんと2人とも1.5だったのです。もちろん良い値です。お母さんがビックリされてました。


歯の種類と本数について

2019年3月21日


みなさん、こんにちは (*´∇`)

さかの歯科・歯科技工士のS,Nです。 

今回は歯の種類と本数についてお話させていただきます。

永久歯は下図のように親しらずを含めて32本の歯で構成されていますが親知らずは正常な位置に生えてくることが少なく抜いてしまう場合が多いので親知らずを除いた28本を永久歯の本数とする場合もあります。
一般的に中切歯、側切歯、犬歯を総称して前歯、第一小臼歯から第三大臼歯までを奥歯と呼びます。

また歯科検診などで「右上6番C」とか言うのを聞いたことがあるかもしれませんが永久歯は以下の通り1~8の数字が割り当てられ、「右上6番C」とは右上の第一大臼歯が虫歯ですよということです。

次に乳歯ですが下図のように全部で20本の歯があります。
永久歯の場合は数字が割り当てられましたが乳歯の場合はローマ字が割り当てられます。

歯の種類と本数.png

これらは一般的な歯列ですが、数パーセントの方は先天的に歯が数本なかったり、歯があっても顎の骨の中に埋伏していたり、逆に過剰歯と言って歯の本数が多かったり歯の順番が逆だったり、大人になっても乳歯が残っている場合もありますのでご自分の歯とは一致しないところもあるかもしれません。



犬の歯

2019年3月14日


みなさん、こんにちは(^-^)/

さかの歯科、歯科衛生士のK,Hです

犬の歯は乳歯28本
永久歯42本あります。

人間の歯は親知らずも入れると永久歯は32本あります。
犬の方が多いのですね。

犬の歯は
切歯 上下各6本
犬歯 上下各2本
臼歯は前臼歯、後臼歯合わせて18本あります。

犬は咀嚼する習慣がない為臼歯も小さく先が尖っており食べ物を飲み込めるサイズに噛み切る役割をします。

そして犬はほとんど虫歯にならないそうです。
口の中がアルカリ性の為、歯周病になりやすいのです。

なので犬も1日1回は歯磨きが必要なのです。
歯周病で歯を失わない為にも毎日の歯磨きを習慣にして下さいね。
image1.jpeg
もちろん人間も丁寧な歯磨きで虫歯、歯周病の予防をしましょうね。


子供の虫歯

2019年3月 7日


みなさん、こんにちは (・ω・)/

さかの歯科・歯科衛生士のM,Hです。 

花粉が、かなり飛び始めましたね、みなさん体調は、いかがでしょうか。

さて、歯科医院でよく聞く話ですが、子供が歯磨きを嫌がるというのは、よくあることです。
甘いおやつは食べさせない方がいいのかというのは、よく聞かれる話だと思います。

時に小さいお子様、1~2歳くらいは、離乳食から幼児食に移行してくると、腹持ちの良い食べ物が増えて、食事の間隔が長くなりますが、幼児期の消化機能は未熟であり、一回に食べられる量も限られてきます。

その為、1日1~2回の栄養補助(おやつ)が必要です。

この時期に、食事だけでは、必要なエネルギーや栄養素を満たす事が難しいのは、遊び食べ、むら食い、小食、あるいは、食事時に寝てしまい欠食などが起こるためです。


ほむしば.jpg

最近のおやつで問題になっているのは、夜食化していることが多い様です。

子供の欲しがる時に与えることがあります。
子供が欲しがる時におやつを与えれば、食欲にも影響し、生活リズムを乱す原因にもなります。
そして、だらだら食べてしまったり、ということにもなります。

虫歯は、糖質の量よりも摂取頻度になります。
少量でも口の中に留まる時間が長い程、虫歯のリスクは上がります。

この時期のおやつは、おやつの時間と量を決める事で、メリハリのある食生活リズムをつくることが、大切かもしれませんね。



つまようじ法 その3

2019年2月28日


みなさん、こんにちは (p*・ω・)p

さかの歯科・チーフのJ,Nです。  

今まで、二回に渡りつまようじ法について、説明させていただきましたが、さかの歯科にお見えの患者様の中にも、つまようじ法を気に入られ、お口のお手入れの中に取り入れ、続けてされている方が大勢おられます。

その中でも長年毎日続けておられるという方を、今回はご紹介させていただこうと思います。

その方は、H.11年3月初診時の時は51才でした。左上の奥歯に痛みがあるということで、初めて来院されました。

大きな虫歯だったので、かぶせ物の治療をして、他に治療が必要な歯はなかったので、3ヶ月後に健診のおはがきを出しますということで、終了。

その2年後に、左下奥歯の歯ぐきの痛みのため、来院。

歯周ポケットが深く、歯ぐきが腫れうみが出ていたため、麻酔をして切開、洗浄。
炎症止め、化膿止め、痛み止めの薬が処方されましたが、その後もたびたび、同じような症状で受診され、H.23.9月ご本人の希望により、抜歯ということになりました。

しかし、H.18.5月から始められた歯周病メンテナンスは、今までお休みされることなく続けておられ、その後は1本も失うことなく、毎月お見えになりますが、お口の中は、いつも、磨き残しなくきれいにされています。

そして、歯ぐきのマッサージをさせていただく時、「いつも、つまようじ法も続けてされていますか?」とたずねると、「必ず、毎晩つまようじ法をしてます。」と返答してくれます。

今月も、歯周病メンテナンスに来院されましたが、この患者さんも現在、71才になられました。
歯ぐきが引き締まり、歯周病の進行がおさえられ、その結果として、歯を失わず、健康な歯ぐきになれたのも、ご本人自身が頑張って来られたからだと思います。

一生、自分の歯で美味しく食べるために、これからも続けていただきたいとおっしゃってくださり、私もつまようじ法を指導してきて本当に良かったです。
つまようじ法つまようじ法
前の5件へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
スタッフ カレンダー

2019年7月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリー アーカイブ