スタッフブログ さかの歯科のトップページへ
TOP > スタッフブログ

咀嚼について

2018年2月 1日


みなさん、こんにちは (・ω・)/

さかの歯科・歯科衛生士のM,Hです。 

今年はインフルエンザがかなり、流行していますが、みなさん、体調はいかかでしょうか(*^^*)

乳児☆幼児期の毎日の食事でのトレーニングのために、、
と言うことで、、

まず、咀嚼機能が未発達の子供たちにとっての食べにくい食材を知りましょう(*^^*)

かたさ.jpg


まずは身近な『ごはん』でゆっくり噛む練習をしましょう(*^^*)

毎日食べているごはんは意外に噛みごたえのある食品です。
ごはんは、噛めば噛むほど、甘みを感じることができるので、咀嚼の練習には最適です。
  
☆注目ポイント☆
  
    ①一口量が適切かどうか確認しましょう。
    
    ②食べ方を観察して、一口ごとに噛む回数を増やすように、支援しましょう。

ゆっくりよく噛んで食べ、ごはんを自然にのみ込むことができていれば、OKです。
ごっくんとのみ込んでいるようなら、ごはんの水加減を増やしてやわらかくしてみましょう。

良い噛む習慣が幼少期からつくと良いですね(*^^*)


毒出しうがい

2018年1月25日


みなさん、こんにちは (*^^)v

さかの歯科、歯科衛生士のR,Mです。

インフルエンザが流行っていますがみなさん、いかがお過ごしでしょうか。

先日、このような本を読みました。
『毒出しうがい』というタイトルの本です。うがいの本って初めて見ました。

歯周病のメカニズムや予防の大切さがいろんな観点から書かれているので、とてもわかりやすい内容でした。
また、口の中や口周りの筋肉を鍛える事で、口呼吸の改善や誤嚥性肺炎の防止にも役立ちます。

実際、本に書かれているようにぶくぶくうがいをしてみると、いかに今まではぶくぶくが少なかったかと思うくらい疲れました。口の周りの筋肉がだるくなりました。

このうがいと合わせて、ブラッシングやフロス、歯間ブラシをしっかりしていくと歯周病の予防にもつながると思います。

小さなお子様から高齢の方まで手軽に出来るぶくぶくうがい、みなさんぜひ試してみてくださいね。


images-2.jpeg

お口の健康維持管理のための定期検診

2018年1月18日


みなさん、こんにちは (^◇^) 

さかの歯科、歯科衛生士のN,Kです。

寒さも本番ですが体調管理は大丈夫ですか?

さかの歯科では,多くの方がお口の健康維持管理のための定期的なメンテナンスに来られてます。

カルテを拝見すると開院当初から長きに渡って来院されてる方もおられます。
(ちなみにさかの歯科は開院21年目に入ります)

歯石取りやハブラシで歯ぐきのマッサージをさせていただいてるのですが、中には非常にきれいな状態の患者さんもおられ、我々専門家と同等、もしくはそれ以上に健康な口腔内を維持されてる方も。。。。


00186.jpg


やはり継続は力なり、の言葉どおり、こと健康維持に関しては、いかに良い状態を長く続けていくかが非常に重要だと思われます。

久しく歯医者さんへ行かれてない方は 勇気を出して(笑)一度、お口全体のチエックを受けてみてくださいね。


歯磨剤成分表

2018年1月11日


みなさん、こんにちは (≧∇≦*) 

さかの歯科、歯科衛生士のT,Fです。

今回は歯磨剤の成分についてのお話です。
歯磨剤パッケージの後ろ側を見ると、食品と同じように成分表示が記載してありますが、カタカナがたくさん並んでいて、どの成分にどのような効果があるのか、今ひとつ判らない感じです。
 
日本歯磨工業会のホームページに成分表示例が、掲載してありました。

歯磨剤を選ぶときに参考にしてみては、いかがでしょうか。
 
 成分.jpg
 
成分配合の多い順に記載されているようです。
 
くれぐれも歯磨剤は補助的なものとお考え下さいね。

では今年も、体も歯も健康に過ごせますように!!

ホワイトニングを体験しました。

2017年12月21日


みなさん、こんにちは (*´∇`)

さかの歯科・歯科技工士のS,Nです。 

冬も本格的になり冷え込んできましたがみなさん、風邪など引いてないでしょうか?

今回私は当院のホワイトニングを実際に体験させていただきましたので簡単に説明させていただきます。
当院では自宅で簡単にできる「ホームホワイトニング」を行っております。

まずは来院いただき、歯型をとって模型を作ります。
その後その模型からホワイトニング用のマウスピースを作成します。
マウスピースが完成したらあとは自宅でホワイトニング専用の薬液を使用してホワイトニングをおこないます。

使用方法は、マウスピースの歯型部分に薬液を塗り歯にはめるだけです。
約2時間ほどで取り外し、歯やマウスピースについた薬液を洗い流します、
これを1か月ほど続けていただくと個人差はありますが歯が白くなります。

私も1か月続けただけでだいぶ白くなりました。

ホワイトニング.JPG

注意事項としてはホワイトニングを行っている1か月の間ステイン(着色)が付きやすい物は避けていただいたほうが良いです。
ステインの原因としてはタバコ、お茶、赤ワイン、コーヒー、カレーなどです。とにかく色の濃い物は付きやすいと思っていただいた方がいいかと思います。

ホームホワイトニングは歯を削るわけでもなく自宅で簡単にできるのでみなさんも一度試してみてはいかがでしょうか(^^♪
前の5件へ 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20
スタッフ カレンダー

2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリー アーカイブ