スタッフブログ さかの歯科のトップページへ
TOP > スタッフブログ

治療したのになぜ痛いの?

2018年5月 3日

こんにちわ(*^o^*)
さかの歯科、歯科衛生士のC.Sです。

今回は虫歯の治療が終わって銀歯やセラミックの詰め物(インレー)を入れたのにまだ痛い...って訴える患者さんが多々いらっしゃるのでそのお話をしようかと思います。

治療したのになぜ痛いの?ちゃんと虫歯治ってないの?と不安に思われた方はいらっしゃると思います。でも 詰め物をしたのに痛い=虫歯が治ってない
と言うわけではないです。
その理由としていくつか考えられます。

インレー.jpeg

1)銀歯は熱を伝えやすいから

銀はとても熱を伝えやすい材質です。そのため銀歯を入れてから数日は特に冷たいものや熱いものがしみやすくなっています。
通常は数日でわからなくなってきますが まれに
1〜2ヶ月くらいかかる方もいらっしゃいます。

2)歯を削った後は神経が過敏になっているから

虫歯を取るときなどは、高速回転する器具で削って除去するのでそのときに生じる振動や発生する熱の刺激などで内部の神経が多かれ少なかれダメージを受けてしまうためです。
このような神経のダメージも日が経つにつれて、だんだんと回復してくるのが通常ですが神経のダメージが回復するまで神経が過敏になってしみやすい状態となります。

3)詰め物の高さが高いため

銀歯やセラミックなどの詰め物を入れる時は高さの調節をします。その時に患者さんの感覚にも頼りながら調節をして行きますが 多少高くなってしまう場合もあります。そうした場合はかんでいくうちに歯の周囲の歯根膜(歯とそれを支える骨の隙間にあるクッションの役割をする繊維)がダメージを受け、「かむと痛い」という症状が生じます。
そんな時は後日でもいいので 噛み合わせの調整にいらしてください。

4)神経が弱っているため

虫歯になってる範囲が大きかったり長期間放置していた場合に元々の神経が弱ってることがあります。
そういう場合は適切な処置をしても後日痛みが増したり何日経っても痛みが続くことがあります。そうなると神経の処置をしていくという治療になります。

このように様々な原因で治療後に痛みを感じることがありますが 気になることがあれば遠慮せずに医師もしくはスタッフに声をかけてくださいね。



入れ歯

2018年3月22日

みなさん、こんにちは (^◇^) 

さかの歯科、歯科衛生士のN,Kです。
やっと暖かくなって来ましたね。

まだ急に冷え込む日もあるので、体調管理お気を付けて下さい。

さて、皆さんの中で、不本意ながら大事な歯を無くし入れ歯を利用されてる方もおられると思います。やはり異物なのでなじむまではあちこち,痛かったり、しゃべりにくかったり苦労がありますよね。

でもその内 身体の一部となりなくてはならないものとなってきます。年々、身体と同じく歯ぐきの状態もすくなからず変化します。
体重の増減に伴い、歯ぐきも痩せてきたり厚みがなくなって粘膜の形が変わったり、、、、。

ですので例えばもし段々と食べかすがよく挟まってくるようになったり、以前とくらべると安定がわるくなったり、などの症状がでてこられたらはやめにチエックを 受けてくださいね。

余談ですが、私は海外旅行が好きで、大昔インドを訪れたとき、蚤の市のようなところで入れ歯が普通に売られていたのを覚えています。
テーブルの上に上下、さまざま(1本だけのものから総義歯まで)な形態のものがズラリと陳列されていました。
わりと需要はあるようでした、、、、。

皆さん、歯は大事にしましょうね!!

入れ歯0.jpg

毒出しうがい

2018年1月25日

みなさん、こんにちは (*^^)v

さかの歯科、歯科衛生士のR,Mです。

インフルエンザが流行っていますがみなさん、いかがお過ごしでしょうか。

先日、このような本を読みました。
『毒出しうがい』というタイトルの本です。うがいの本って初めて見ました。

歯周病のメカニズムや予防の大切さがいろんな観点から書かれているので、とてもわかりやすい内容でした。
また、口の中や口周りの筋肉を鍛える事で、口呼吸の改善や誤嚥性肺炎の防止にも役立ちます。

実際、本に書かれているようにぶくぶくうがいをしてみると、いかに今まではぶくぶくが少なかったかと思うくらい疲れました。口の周りの筋肉がだるくなりました。

このうがいと合わせて、ブラッシングやフロス、歯間ブラシをしっかりしていくと歯周病の予防にもつながると思います。

小さなお子様から高齢の方まで手軽に出来るぶくぶくうがい、みなさんぜひ試してみてくださいね。


images-2.jpeg

ヨーグルト

2017年12月14日

皆さん、こんにちは(^-^)/
さかの歯科、歯科衛生士のM.Tです。

この前テレビを見ていて、歯と口の健康を考えるヨーグルトがあることを知りました!
少し紹介しますね!

高取 1.jpg
★ロイテリヨーグルト
口腔内フローラを良好にするロイテリ菌は、歯ぐきを丈夫で健康に保つ機能が報告されているそうです。歯ぐきの健康が気になる人にお勧めと紹介されていました。


高取2.jpg
★L8020ヨーグルト
L8020菌は歯周病が出す毒素を不活性化する能力があるそうです。L8020を毎日食べることで虫歯や歯周病のリスクを減らすことができるので、特に歯周病が気になる人にお勧めと紹介されていました。

とても気になるので、私もいつか買って食べてみたいと思います(^^)

ステインのホームケア

2017年12月 7日

みなさん、こんにちは ٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
さかの歯科、歯科衛生士のC.Sです。

来院される患者さんから なぜ着色付くの?どうやったら付かないようにできるの?と言う質問をされることが多々あります。
そこで今回はステイン(着色)についてお話ししようと思います。

ステインの原因としてはタバコのヤニ、茶しぶ、赤ワイン、コーヒー、カレーなどがよく知られていますよね。とにかく色の濃ゆい物は付きやすいと思っていただいた方がいいかと思います。

ステインは歯の面にできた細かな傷に付着します。

歯科では機械的にステイン除去することもできますが何度も繰り返していくとさらに傷を増やす可能性もあります。
では どうやってステインを予防したらいいの?ってことになりますよね。

そこでいくつか予防法を紹介させていただきます。
まず一つ目は、先に挙げたようなステインの原因となり得る物を口にした後に うがいをお勧めします。
お口の中に長くとどまることで付着していきますのでその前にさっと流してしまいましょう。
とても単純なことなんですが意外と効果的です(^^)

二つ目は、ステインは歯の表面に付着してますので除去効果のある歯磨き粉を使ってブラッシングすることです。継続して使用することでたくさん付着することを軽減することはできると思います。

ですが、研磨剤の粒の大きなもので磨いていくと歯面を傷つけることになるのでそこにまたステインが再付着してしまいます。
そこでお勧めなのはスーパスマイルです。

歯磨剤.jpeg


これは『カルブロック酵素』という酵素でステインを浮かせて取るので歯面を傷つけることなく除去でき、フッ素も入っているので虫歯予防もできます。

三つ目は、歯面の傷を修復していくことです。
歯と同じ成分である『ハイドロキシアパタイト』の入った歯磨き粉を使うことで傷を修復していくのでステインが付着しにくくなります。

この他にも色んな方法があるかとは思いますが 気になる方は是非試してみてくださいね(#^.^#)

ではみなさん、良いお年をお迎えくださいね♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪
1  2  3  4  5  6
スタッフ カレンダー

2018年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリー アーカイブ