スタッフブログ さかの歯科のトップページへ
TOP > スタッフブログ

初めての歯

2011年5月10日

  無題.JPG

 

さかの歯科の歯科衛生士の石浦です。

 

生後9ヶ月の甥に"歯"が生えてきました!
成長した事を実感でき、うれしいです(*^ー^)♪

生える時期には個人差が大きくあり、数ヶ月遅くても早くてもあまり心配はいりません。目安としては、6ヶ月から1歳前後までに最初の歯が生え最後の乳歯が2才半前後、最終的には20本の乳歯が生え揃います。最初は前歯から生える場合が多いですが、これも個人差があります。

歯の本数が少ない時は、清潔なガ―ゼやハンカチで汚れをぬぐう程度でかまいませんが、物を自分で掴む事ができるようになったら、歯ブラシに早く慣れるためと、毎食後の歯磨きの習慣を身に付けるために、お母さんの監視の元で、歯ブラシを口に入れる練習を始めて下さいね☆

乳歯は"いずれ生え変わる歯だから虫歯になっても大丈夫"と思いがちですが...乳歯が虫歯のために早く抜けてしまうと、永久歯の歯並びがおかしくなったり、咬む事が上手にできず、体重が増えなかったり口まわりの機能の発達が遅れる事にもなりかねません。
歯だけの問題でなく言葉や顎の力などから成長まで全体への影響がでてきます。

歯磨き以外に虫歯を予防する方法として、夜、お子様の寝つきが悪いからといって寝る前のミルクやジュースはやめましょう!!
哺乳ビンの中身はお茶か水にして下さい。

実質的に虫歯を防ぐのは、お母さんの仕上げ磨きです。お母さんが、短時間で効果的に仕上げ磨きをするには
・歯と歯の間・歯と歯肉の境目・奥歯のかむ面等、歯垢がたまりやすい場所を重点的に磨くことが大切です。ご機嫌の良い時をみはからってきちんと磨いてあげて下さいね♪♪

<<前へ                              一覧に戻る                               次へ>>

スタッフ カレンダー

2018年11月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
カテゴリー アーカイブ