歯の専門知識 さかの歯科のトップページへ
TOP > 歯の専門知識 > 従来の入れ歯を磁石式入れ歯にできますか?

従来の入れ歯を磁石式入れ歯にできますか?


マグネット1.gif
 【従来の治療法

「バネ」で支える歯に、横からの有害な無理な力がかかり、グラグラになって抜けてしまうことがあります。

バネ式入れ歯では笑ったりした時に、「バネ」が目立って見た目が悪くなってしまうことがあります。


矢印.gif
 【磁石式入れ歯の治療法
マグネット2.gif

磁石式入れ歯(マグネットデンチャー)は、まだ治療していない歯はもちろん、すでに治療してある歯や歯根しか残っていないような歯でも利用できる優れた治療法です。

そのうえ「バネ」がなくなり、見た目がよくなります。しかも残っている歯にとてもやさしい入れ歯です。

また「バネ」と違い、磁石は着脱の方向が自由ですので、取り付けや取り外しがとてもラクです。


 
 従来のバネ(クラスプ)による入れ歯の欠点

欠点1. 「バネ」がかかっている歯に負担がかかり、グラグラになってしまう。
欠点2. 「バネ」がかかっている歯が磨きにくいので、汚れがつきやすく虫歯になりやすい。
欠点3. 「バネ」が目立って、見た目もよくありません。

磁石式入れ歯(マグネット式義歯)にすると、そうした弱った歯を抜かずにその歯根を利用して、安定した優れた入れ歯にできます。このように自分の歯を有効活用できるうえに、バネがいらなくなるので、手入れもラクで自然で美しい口元を取り戻せます。

 

1 入れ歯・義歯

  1. 入れ歯・義歯の目次

2 自費の入れ歯

  1. 金属床義歯 
  2. 磁石式入れ歯
  3. シリコーン義歯 
  4. コンフォート義歯 
  5. ノンクラスプ義歯
  6. 金属床 + 磁石
  7. 金属床 + ノンクラスプ

3 磁石式入れ歯

  1. 磁石式入れ歯
  2. 従来の入れ歯を磁石式入れ歯にできますか?
  3. 歯が2~3本残っている方へ
  4. 歯が0本の方へ
  5. 「インプラント・磁石式入れ歯」と「通常の入れ歯」の違い
  6. 磁石式入れ歯の治療の流れ

4 入れ歯の特徴

  1. 自費の入れ歯
  2. 保険の入れ歯 
  3. 総入れ歯と部分入れ歯

5 予防歯科

  1. フッ素
  2. シーラント
  3. 各国の定期検診率
  4. 定期メンテナンス(おとな編)
  5. 定期メンテナンス(お子さま編)

6 親知らず

  1. 親知らず講座の目次
  2. 親知らず(親不知)とは?
  3. 親知らずはどんなふうに生えてくるの?
  4. 親知らずが痛くなる原因
  5. 親知らず(おやしらず)の特徴
  6. 親知らずを早く抜いほうがいいの?
  7. 親知らず(親不知)治療の手順
  8. 親知らず抜歯後の注意点

7 小児歯科(こども歯科)

  1. 小児歯科(こども歯科)講座の目次
  2. フッ素
  3. シーラント
  4. 定期メンテナンス(お子さま編)
  5. サホライド

8 求人情報

  1. 歯科技工士さん募集中!京都市西京区のさかの歯科で働きませんか?
  2. 歯科受付さん&歯科助手さん募集中!京都市西京区のさかの歯科で働きませんか?