歯の専門知識 さかの歯科のトップページへ
TOP > 歯の専門知識 > 3 磁石式入れ歯

磁石式入れ歯

磁石式入れ歯とは?

磁石式入れ歯10.jpg磁石式入れ歯(マグネットアタッチメント義歯)は、入れ歯の土台となる歯根に「磁性金属(キーパ)」を取り付け、入れ歯側に「超小型磁石」を埋め込んだ入れ歯です。この2つの磁石の吸引力で入れ歯を吸着させることができます。

歯の無い方は、インプラント手術をすることで、お使いの入れ歯を磁石式入れ歯にすることができます。




磁石式入れ歯の構造と外観

磁石の構造と外観.jpg

磁石の構造 ばねの代わりに磁石の力で固定する入れ歯で、ぴったり吸着します。

磁石の外観 歯根に「磁性金属(キーパ)」を取り付け、入れ歯側に「超小型磁石」を埋め込んだ入れ歯です。




磁石式入れ歯の魅力


魅力1 磁石でピッタリ固定!
    動かない・はずれない入れ歯
     
磁石のメリット1.jpg
磁石1個の大きさは、米粒大程で最大800gのものが吊り上げられる力を持っています。

磁石式入れ歯(マグネット義歯)では、入れ歯が落ちたり、口の中でガタガタ動くこともないので、食事もおいしくいただけます。

会話も容易でカラオケも楽しめます。



魅力2 歯にやさしい!

磁石のメリット2.jpg
磁石は強い吸着力を持っていますが、歯に悪い横からの有害な無理な力がかかると外れるので歯根にとてもやさしいです。



魅力3 取り外しが簡単!

磁石のメリット33.jpg

強力な磁石によって、入れ歯を近づけるだけで所定の位置に吸い付くようにはまります。



魅力4 見た目もスッキリ!

磁石のメリット4.jpg
針金状の「バネ」がないので、見た目もスッキリと自然です。



魅力5 お手入れが簡単

磁石のメリット5.jpg
歯が短いので清掃しやすく、また入れ歯もシンプルな構造になっているので、お手入れが簡単にできます。



魅力6 グラつき始めた歯でも利用できる

磁石のメリット6.jpg
グラつき始めた歯でも、横からの力を逃がす磁石の性質を利用することで、歯根を利用できます。


                               磁石式入れ歯の詳細ページへ


従来の入れ歯を磁石式入れ歯にできますか?


マグネット1.gif
 【従来の治療法

「バネ」で支える歯に、横からの有害な無理な力がかかり、グラグラになって抜けてしまうことがあります。

バネ式入れ歯では笑ったりした時に、「バネ」が目立って見た目が悪くなってしまうことがあります。


矢印.gif
 【磁石式入れ歯の治療法
マグネット2.gif

磁石式入れ歯(マグネットデンチャー)は、まだ治療していない歯はもちろん、すでに治療してある歯や歯根しか残っていないような歯でも利用できる優れた治療法です。

そのうえ「バネ」がなくなり、見た目がよくなります。しかも残っている歯にとてもやさしい入れ歯です。

また「バネ」と違い、磁石は着脱の方向が自由ですので、取り付けや取り外しがとてもラクです。


 
 従来のバネ(クラスプ)による入れ歯の欠点

欠点1. 「バネ」がかかっている歯に負担がかかり、グラグラになってしまう。
欠点2. 「バネ」がかかっている歯が磨きにくいので、汚れがつきやすく虫歯になりやすい。
欠点3. 「バネ」が目立って、見た目もよくありません。

磁石式入れ歯(マグネット式義歯)にすると、そうした弱った歯を抜かずにその歯根を利用して、安定した優れた入れ歯にできます。このように自分の歯を有効活用できるうえに、バネがいらなくなるので、手入れもラクで自然で美しい口元を取り戻せます。

 


歯が2~3本残っている方へ

【歯が2~3本しか残っていませんが、できますか?

残っている歯を利用して磁石式入れ歯(マグネットデンチャー)にすることができます。磁石式入れ歯は歯にやさしい固定方法なので、歯根しか残っていないケースや多少状態が悪くなっている歯でも抜かずに利用することができます。
また、インプラントをして磁石の数を増やすと、さらにしっかり吸着する入れ歯になります。
上顎で嘔吐感の強い方には、口蓋を覆わない、違和感の少ない入れ歯にすることもできます。



マグネット3.gif

【従来の治療法

最後に残った数本の歯も、「バネ」でゆれてきてしまい、うまく噛むことができません。そのうえ見た目もとてもよくありません。

歯が抜けてしまったら、入れ歯を支える歯がなくなります。そうなると入れ歯の安定性がますます悪くなります。

矢印.gif
 【磁石式入れ歯の治療法
マグネット4.gif

歯が2~3本しか残っていなくても、磁石式入れ歯(マグネット義歯)なら、歯にやさしく安定した入れ歯になります。そのうえ見た目もよく、スッキリします。









【上顎の磁石式入れ歯なら、入れ歯を小さくできます。

上顎では、3~4本以上磁石があれば、口蓋を覆わない嘔吐感のない入れ歯にできます。口蓋部分がない入れ歯なので、とても違和感も少なく、味覚も損なわれません。

残っている歯が少ない場合、インプラントをして磁石の数を増やすことも可能です。


マグネット8.jpg


歯が0本の方へ

 【インプラント・磁石式入れ歯とは?

インプラント・磁石式入れ歯(インプラント・マグネットデンチャー)とは、優れた治療法である磁石式入れ歯とインプラントを組み合わせた最先端の入れ歯です。

インプラント磁石式入れ歯1.jpg
すなわち、インプラント側に「人工歯」ではなく「キーパ(磁性金属)」を被せ、入れ歯側に「(超小型)磁石」を取り付け、磁力により入れ歯をしっかりと固定する方法です。


 【下記の方へお勧めです。
インプラント磁石式入れ歯3.jpg

食事中に入れ歯が浮き上がる方
何度調整しても、入れ歯があわない方
入れ歯を安定させ、噛めるようにしたい方
歯ぐきの骨がなくなってしまい、通常のインプラント治療が適さない方
部分入れ歯の「バネ」が気になる方
部分入れ歯の「バネ」がかかっている歯に負担をかけたくない方


「インプラント・磁石式入れ歯」と「通常の入れ歯」の違い

【「インプラント・磁石式入れ歯」と「通常の入れ歯」との違い

違い1. よく固定されてズレなくて何でもよく噛めます。
違い2. 取り外し式なので清掃性がよい。
違い3. 審美的にも自然な入れ歯になる。
違い4. 床の面積が小さくできるので、食べ物の味や温度が伝わりやすい。




【総入れ歯のインプラント・磁石式入れ歯

インプラント磁石式入れ歯4.gif
通常の入れ歯の治療法

歯が1本も残ってなく下顎の入れ歯が動いて、安定しないので、よく噛めません。




矢印.gif

インプラント・磁石式入れ歯を使った治療法

インプラント磁石式入れ歯5.gif
2~4本のインプラントを植立し、インプラント側に「キーパ(磁性金属)」を被せ、入れ歯側に「(超小型)磁石」を取り付け、磁力により入れ歯をしっかりと固定できます。
(上顎の場合は4~6本で口蓋を覆わない入れ歯になります)。






【部分入れ歯のインプラント・磁石式入れ歯

通常の入れ歯の治療法
インプラント磁石式入れ歯6.gif

笑ったりした時に、「バネ」が目立って見た目が悪くなってしまう。またその歯に負担がかかるが心配です。

矢印.gif
インプラント・磁石式入れ歯を使った治療法

インプラント磁石式入れ歯7.gif
インプラントと磁石式入れ歯を併用することでよく噛めるようになります。そのうえ「バネ」もなくなるので、見た目がきれいになります。しかも残っている歯に負担がかかりません






 
【「通常のインプラント」と「インプラントの入れ歯」の違い

多くのインプラントで歯を1本1本入れるよりも、本数が少なくて済み、経済的です。
通常のインプラントより手術時間も短いので、ご年配の方には、体や精神面の負担が少ない。
骨が少なく通常のインプラントが困難な場合にも適しています。


磁石式入れ歯の治療の流れ

磁石式入れ歯の治療の流れを説明します。治療は簡単です。



マグネット流れ1.png
【STEP1】 

歯の診断

まず、レントゲンで歯の診断を行います。グラグラしている歯が使えるかどうかを診断します。


矢印.gif

マグネット流れ2.png
【STEP2】 

歯根の治療

残した歯根に、磁石を吸着する「磁性金属」を取り付けます。





矢印.gif
 
マグネット流れ3.png
【STEP3

入れ歯の製作

入れ歯側に磁石を埋め込みます。磁石と磁性金属が吸着して、入れ歯を固定します。




矢印.gif

マグネット流れ4.png
【STEP4】 

アフターケア

磁石式入れ歯はよく噛めます。歯根は有害な力がかからないため安定します。しかも、着脱が簡単で、取扱いも容易です。長く使えるようにアフターケアが大切です。



1 入れ歯・義歯

  1. 入れ歯・義歯の目次

2 自費の入れ歯

  1. 金属床義歯 
  2. 磁石式入れ歯
  3. シリコーン義歯 
  4. コンフォート義歯 
  5. ノンクラスプ義歯
  6. 金属床 + 磁石
  7. 金属床 + ノンクラスプ

3 磁石式入れ歯

  1. 磁石式入れ歯
  2. 従来の入れ歯を磁石式入れ歯にできますか?
  3. 歯が2~3本残っている方へ
  4. 歯が0本の方へ
  5. 「インプラント・磁石式入れ歯」と「通常の入れ歯」の違い
  6. 磁石式入れ歯の治療の流れ

4 入れ歯の特徴

  1. 自費の入れ歯
  2. 保険の入れ歯 
  3. 総入れ歯と部分入れ歯

5 予防歯科

  1. フッ素
  2. シーラント
  3. 各国の定期検診率
  4. 定期メンテナンス(おとな編)
  5. 定期メンテナンス(お子さま編)

6 親知らず

  1. 親知らず講座の目次
  2. 親知らず(親不知)とは?
  3. 親知らずはどんなふうに生えてくるの?
  4. 親知らずが痛くなる原因
  5. 親知らず(おやしらず)の特徴
  6. 親知らずを早く抜いほうがいいの?
  7. 親知らず(親不知)治療の手順
  8. 親知らず抜歯後の注意点

7 小児歯科(こども歯科)

  1. 小児歯科(こども歯科)講座の目次
  2. フッ素
  3. シーラント
  4. 定期メンテナンス(お子さま編)
  5. サホライド

8 求人情報

  1. 歯科技工士さん募集中!京都市西京区のさかの歯科で働きませんか?
  2. 歯科受付さん&歯科助手さん募集中!京都市西京区のさかの歯科で働きませんか?