歯の専門知識 さかの歯科のトップページへ
TOP > 歯の専門知識 > フッ素

フッ素

さかの歯科.のロゴビーバー.jpg


 フッ素とは?

 
フッ素.jpg
フッ素は、歯の表層のエナメル質を頑丈にし虫歯に強い歯質に変える性質があるので、虫歯の予防処置に特に有効です。

さかの歯科では、高濃度のフッ素
(9000~9500ppm)を塗布して、虫歯になりにくい強い歯質を作ります。

1回のフッ素塗布だけでは、高い効果が期待できないため定期健診の際にフッ素塗布し、虫歯予防効果を高めます。

フッ素ジェル.jpg
また、ごく初期の虫歯であれば、フッ素塗布と食事指導・ブラッシング指導などを定期的に行うことで自然に治る場合もあります。

フッ素には、私たちが毎日食べている海産物や農作物・お茶などにも微量ながら含まれていて、体に必要な栄養素の一つですから、過剰摂取しない限り安心です。

ご家庭でのフッ素洗口液など、用法に沿った利用は安全な手軽な予防策と言えるでしょう。




さかの歯科.のロゴビーバー.jpg

【フッ素の3つの効果】


フッ素1.png
効果1.むし歯に強い歯質を作る

歯の表面のエナメル質を、細菌の出す酸に溶けにくい性質にします。特に 生えたばかりの歯は、たくさんのフッ素を取り込みやすい性質がありますので、特に効果があります。 


フッ素2.png
効果2.初期むし歯の修復を助ける              
(再石灰化作用

唾液中に含まれる歯の成分でもあるカルシウムやリンと一緒に、酸に攻撃された歯の表面にくっつき、 再石灰化 を助けて脱灰部分を元に戻そうとする働きがあります。


フッ素3.png
効果3.細菌の働きを低下させる

フッ素は虫歯の原因菌の働きを低下させます。細菌の働きが弱まると、酸の放出が減少し、歯の溶ける量も減ります。




1 入れ歯・義歯

  1. 入れ歯・義歯の目次

2 自費の入れ歯

  1. 金属床義歯 
  2. 磁石式入れ歯
  3. シリコーン義歯 
  4. コンフォート義歯 
  5. ノンクラスプ義歯
  6. 金属床 + 磁石
  7. 金属床 + ノンクラスプ

3 磁石式入れ歯

  1. 磁石式入れ歯
  2. 従来の入れ歯を磁石式入れ歯にできますか?
  3. 歯が2~3本残っている方へ
  4. 歯が0本の方へ
  5. 「インプラント・磁石式入れ歯」と「通常の入れ歯」の違い
  6. 磁石式入れ歯の治療の流れ

4 入れ歯の特徴

  1. 自費の入れ歯
  2. 保険の入れ歯 
  3. 総入れ歯と部分入れ歯

5 予防歯科

  1. フッ素
  2. シーラント
  3. 各国の定期検診率
  4. 定期メンテナンス(おとな編)
  5. 定期メンテナンス(お子さま編)

6 親知らず

  1. 親知らず講座の目次
  2. 親知らず(親不知)とは?
  3. 親知らずはどんなふうに生えてくるの?
  4. 親知らずが痛くなる原因
  5. 親知らず(おやしらず)の特徴
  6. 親知らずを早く抜いほうがいいの?
  7. 親知らず(親不知)治療の手順
  8. 親知らず抜歯後の注意点

7 小児歯科(こども歯科)

  1. 小児歯科(こども歯科)講座の目次
  2. フッ素
  3. シーラント
  4. 定期メンテナンス(お子さま編)
  5. サホライド

8 求人情報

  1. 歯科技工士さん募集中!京都市西京区のさかの歯科で働きませんか?
  2. 歯科受付さん&歯科助手さん募集中!京都市西京区のさかの歯科で働きませんか?