歯の専門知識 さかの歯科のトップページへ
TOP > 歯の専門知識 > 親知らずを早く抜いほうがいいの?

親知らずを早く抜いほうがいいの?

さかの歯科のロゴビーバー.jpg


【親知らずを抜かなくても良い場合


親不知.jpg
◆ きれいに生えてきて、歯磨きにも問題がない場合
◆ 一部だけ生えてきて、他の歯に悪い影響を及ぼしていない場合
◆ 完全に骨の中に埋まっていて、問題が起こる可能性が低い場合
◆ ブリッジの土台として利用できる場合
◆ 腫れや違和感が少しの場合
◆ 充分に歯磨きができている場合


 


さかの歯科のロゴビーバー.jpg

【親知らずを早く抜いた方がいい場合


悪い影響を及ぼしている場合または及ぼす可能性の高い親知らずは「できるだけ早く抜いた方がいい」のですが、それには理由があります。


親不知、親知らず2..jpg早く抜いた方がいい理由とは?
◆ 虫歯や歯周病が悪化してしまう前に対処した方が良い
※虫歯や歯周病が悪化すると、修復はできても完全に元には戻りません。
◆ 虫歯や歯周病が悪化すると、他の歯まで失う可能性が高まる
◆ 年齢が若い方が、抜歯後の回復がよい
◆ 虫歯や歯周病が悪化すると、麻酔が効きにくい場合がある
◆ 抜く時期が遅いと、抜くこと自体が大変(長時間の処置が必要になる)になる場合がある

しかし、そもそも抜いた方がいいのか、抜かなくても良いのかの診断は、歯医者さんでレントゲン撮影をして、歯科医師の診断を受けなくては分かりません。

気になるようであれば、お早めにご相談されることをおすすめします。





1 入れ歯・義歯

  1. 入れ歯・義歯の目次

2 自費の入れ歯

  1. 金属床義歯 
  2. 磁石式入れ歯
  3. シリコーン義歯 
  4. コンフォート義歯 
  5. ノンクラスプ義歯
  6. 金属床 + 磁石
  7. 金属床 + ノンクラスプ

3 磁石式入れ歯

  1. 磁石式入れ歯
  2. 従来の入れ歯を磁石式入れ歯にできますか?
  3. 歯が2~3本残っている方へ
  4. 歯が0本の方へ
  5. 「インプラント・磁石式入れ歯」と「通常の入れ歯」の違い
  6. 磁石式入れ歯の治療の流れ

4 入れ歯の特徴

  1. 自費の入れ歯
  2. 保険の入れ歯 
  3. 総入れ歯と部分入れ歯

5 予防歯科

  1. フッ素
  2. シーラント
  3. 各国の定期検診率
  4. 定期メンテナンス(おとな編)
  5. 定期メンテナンス(お子さま編)

6 親知らず

  1. 親知らず講座の目次
  2. 親知らず(親不知)とは?
  3. 親知らずはどんなふうに生えてくるの?
  4. 親知らずが痛くなる原因
  5. 親知らず(おやしらず)の特徴
  6. 親知らずを早く抜いほうがいいの?
  7. 親知らず(親不知)治療の手順
  8. 親知らず抜歯後の注意点

7 小児歯科(こども歯科)

  1. 小児歯科(こども歯科)講座の目次
  2. フッ素
  3. シーラント
  4. 定期メンテナンス(お子さま編)
  5. サホライド

8 求人情報

  1. 歯科技工士さん募集中!京都市西京区のさかの歯科で働きませんか?
  2. 歯科受付さん&歯科助手さん募集中!京都市西京区のさかの歯科で働きませんか?