歯の専門知識 さかの歯科のトップページへ
TOP > 歯の専門知識 > 親知らず(おやしらず)の特徴

親知らず(おやしらず)の特徴

さかの歯科のロゴビーバー.jpg

【親知らずの特徴


親知らず4.jpg
特徴1.親知らずは磨けません
どんなに一生懸命に磨いても、親しらずは歯磨きがうまくできません。歯ブラシが届かないのです。したがって、虫歯や歯周病になる可能性が高くなります。また口臭の原因にもなります。

特徴2.虫歯になる
汚れがたまることによって、親しらずも、その手前の歯も虫歯になります。

特徴3.歯肉の炎症が起こる
親しらずが出てくるスペースがない場合には、変な方向に向かって出てくることが多く、歯肉がかぶったままになり、炎症を起こしやすくなります。

特徴4.歯周病の原因となる
親しらずの周りに汚れがたまることによって、手前の歯の周りの骨を溶かし、歯周病となります。

特徴5.手前の歯の根を溶かす
手前の歯の根を押した場合には、その押された歯の根は溶けてしまう場合があります。

特徴6.対合の歯ぐきを噛む
上の親しらずが出てくると、下の歯ぐきを噛むようになり、炎症や腫れの原因となります。

親知らず,親不知5.gif
特徴7.顎関節症になる
親しらずが手前の歯より出てくると、アゴの動きを邪魔するようになります。
そうなると、アゴの関節に負担がかかり、顎関節症となってしまう場合があり、注意が必要です。

親知らず(親不知)8.gif特徴8.歯並びを悪くする
親しらずが手前の歯を押すことによって、歯列全体の歯並びを悪くする場合があり、注意が必要です。



ただし親しらずが出てきたといっても、必ず抜かなければならないということではありません。抜歯には必ずリスクが伴います。ケースは少ないですが、神経麻痺を起こすこともあるのです。

抜歯の対処は、的確な診断と処置を行なうことがとても大切です。






1 入れ歯・義歯

  1. 入れ歯・義歯の目次

2 自費の入れ歯

  1. 金属床義歯 
  2. 磁石式入れ歯
  3. シリコーン義歯 
  4. コンフォート義歯 
  5. ノンクラスプ義歯
  6. 金属床 + 磁石
  7. 金属床 + ノンクラスプ

3 磁石式入れ歯

  1. 磁石式入れ歯
  2. 従来の入れ歯を磁石式入れ歯にできますか?
  3. 歯が2~3本残っている方へ
  4. 歯が0本の方へ
  5. 「インプラント・磁石式入れ歯」と「通常の入れ歯」の違い
  6. 磁石式入れ歯の治療の流れ

4 入れ歯の特徴

  1. 自費の入れ歯
  2. 保険の入れ歯 
  3. 総入れ歯と部分入れ歯

5 予防歯科

  1. フッ素
  2. シーラント
  3. 各国の定期検診率
  4. 定期メンテナンス(おとな編)
  5. 定期メンテナンス(お子さま編)

6 親知らず

  1. 親知らず講座の目次
  2. 親知らず(親不知)とは?
  3. 親知らずはどんなふうに生えてくるの?
  4. 親知らずが痛くなる原因
  5. 親知らず(おやしらず)の特徴
  6. 親知らずを早く抜いほうがいいの?
  7. 親知らず(親不知)治療の手順
  8. 親知らず抜歯後の注意点

7 小児歯科(こども歯科)

  1. 小児歯科(こども歯科)講座の目次
  2. フッ素
  3. シーラント
  4. 定期メンテナンス(お子さま編)
  5. サホライド

8 求人情報

  1. 歯科技工士さん募集中!京都市西京区のさかの歯科で働きませんか?
  2. 歯科受付さん&歯科助手さん募集中!京都市西京区のさかの歯科で働きませんか?