歯の専門知識 さかの歯科のトップページへ
TOP > 歯の専門知識 > 総入れ歯と部分入れ歯

総入れ歯と部分入れ歯

総入れ歯、部分入れ歯3.jpg

【総入れ歯(フルデンチャー)】

部分入れ歯と総入れ歯5.jpg
その名の通り、歯をすべて失った場合に用いる入れ歯をいいます。
歯ぐき(顎堤)で入れ歯を支える構造となるため、より安定感のある入れ歯つくりの技術が必要とされます。
保険治療の場合には、プラスチックの総入れ歯となり、コストを抑えたい場合にはおすすめです。
保険外治療の場合には、薄くて快適なもの、ピッタリ固定できるもの、痛くなく噛めるもの、様々なタイプのものがあります。
新しい入れ歯は、装着直後には痛みや不具合が出ることがありますので、数回の調整が必要になります。



【部分入れ歯(パーシャルデンチャー)】

部分入れ歯と総入れ歯4.jpg部分的に歯を数本単位で失った場合に用いる入れ歯をいいます。
ブリッジが不可能な場合は部分入れ歯(パーシャルデンチャー)になります。
保険治療の場合には金属の「ばね」が付いたタイプの部分入れ歯で、床がプラスチックでできたものとなり、コストを抑えたい場合にはおすすめです。
保険外治療の場合には、薄くて快適なもの、ピッタリ固定できるもの、痛くなく噛めるもの、審美性のよいもの、様々なタイプのものがあります。
健康な歯が1本でも残っていることが条件となります。



1 入れ歯・義歯

  1. 入れ歯・義歯の目次

2 自費の入れ歯

  1. 金属床義歯 
  2. 磁石式入れ歯
  3. シリコーン義歯 
  4. コンフォート義歯 
  5. ノンクラスプ義歯
  6. 金属床 + 磁石
  7. 金属床 + ノンクラスプ

3 磁石式入れ歯

  1. 磁石式入れ歯
  2. 従来の入れ歯を磁石式入れ歯にできますか?
  3. 歯が2~3本残っている方へ
  4. 歯が0本の方へ
  5. 「インプラント・磁石式入れ歯」と「通常の入れ歯」の違い
  6. 磁石式入れ歯の治療の流れ

4 入れ歯の特徴

  1. 自費の入れ歯
  2. 保険の入れ歯 
  3. 総入れ歯と部分入れ歯

5 予防歯科

  1. フッ素
  2. シーラント
  3. 各国の定期検診率
  4. 定期メンテナンス(おとな編)
  5. 定期メンテナンス(お子さま編)

6 親知らず

  1. 親知らず講座の目次
  2. 親知らず(親不知)とは?
  3. 親知らずはどんなふうに生えてくるの?
  4. 親知らずが痛くなる原因
  5. 親知らず(おやしらず)の特徴
  6. 親知らずを早く抜いほうがいいの?
  7. 親知らず(親不知)治療の手順
  8. 親知らず抜歯後の注意点

7 小児歯科(こども歯科)

  1. 小児歯科(こども歯科)講座の目次
  2. フッ素
  3. シーラント
  4. 定期メンテナンス(お子さま編)
  5. サホライド

8 求人情報

  1. 歯科技工士さん募集中!京都市西京区のさかの歯科で働きませんか?
  2. 歯科受付さん&歯科助手さん募集中!京都市西京区のさかの歯科で働きませんか?