小児歯科(こども歯科) さかの歯科のトップページへ
TOP > 小児歯科(こども歯科)

小児歯科(こども歯科)

さかの歯科は子ども達が嫌がらない歯医者さんを目指しています

保護者にとっても歯医者さんが怖いと感じていませんか?

img01

むし歯で痛くなってから歯医者さんに行くと?
歯をガーガー削られたり、嫌いな注射があるかもしれません。

子ども達にとって、歯医者さんはとても怖いかもしれません。
虫歯になると自然には治らないので、人工物を詰めたりかぶせたりするしかありません。決して歯は元には戻らないのです。
このような治療をされたくありませんね。

img01

虫歯の予防で歯医者さんに行くと?
歯も削られないし、痛くないし、治療もすぐ終われます。

むし歯はなし、歯石もきちんと取ってくれるし、永久歯への生え変わりの成長もみてくれる!
予防で虫歯0(ゼロ)を目指しませんか?

歯の寿命は子供の頃のお口の健康状態に左右されます。

子どもが歯医者嫌いにならないためのお願い

保護者の皆さん、歯医者さんは好きでしょうか?
おそらくほとんどは苦手意識を持っている方が多いと思います。
さかの歯科では、子どもさんにその苦手意識を持たせないことがとても大切と考えています。
歯医者嫌いにならないように、小児歯科治療をする際の前、中、後の保護者の方へのお願いがあります。

さかの歯科の治療の流れ

  1. 初診の受付をします

    • 「痛くないよ」「診てもらうだけ」など嘘をつかないでください。
      実際には小児歯科治療が必要なことは多いので、「嘘をつかれた」「だまされた」と思い、
      歯医者嫌いになってしまいがちです。
      虫歯治療の大切さを正直に話して頂けるとありがたいです 。
  2. 応急処置をします。

    • お子様をしかるとき、「悪い子は歯医者さんに連れていくよ!」と脅していませんか?
      そうすると「歯医者さん=怖いところ」と子どもが思ってしまいます。
  3. 検査をします。

    • 子どもにとっても心の準備が必要です。
      突然歯医者に連れて行くと、必要以上に怖がってしまうことがあります。
      歯医者で治療することを、事前に子どもに説明しましょう。
  4. カウンセリングをします。

    • お昼寝の時間や、お腹がすいている時間は避けましょう。
      不機嫌な時間は、なんでもうまくいかないことが多いものです。
      子供のペースに合わせましょう。
キャラクター

治療中のお願い

  1. 保護者がリラックスしましょう

    • 保護者が緊張していると、子どもにも伝わり、不安をあおってしまいます。
      まず保護者の笑顔がとても大切です。
  2. 「痛くない?」と聞かない?

    • 小児歯科治療の最中、つい「痛くない?」って聞きたくなりますよね。
      でもその言葉がきっかけで、泣き出してしまうことが時々あります。
      痛そうに見えても「痛い」は言わないようにしましょう。
      すぐにほめましょう。
  3. とにかくほめてあげましょう

    • 褒められることでお子様に自信がつきます。
      「よく我慢したね」「いい子だったね」の保護者のことばのご褒美は、
      小児歯科治療にはとても大切です。
キャラクター

治療後のお願い

  1. 家族みんなでほめましょう

    • 治療ができたことを、思いっきりほめてあげてください。
      できれば家族みんなで褒めることが、さらに大きな自信となります。
      そうすれば次回の治療もがんばれるようになります。
      (小児歯科が好きになることさえ可能となります。)
  2. うまく治療できなくても叱らないことが大切

    • 泣き叫んで小児歯科治療ができなかった時でも、決して子どもを責めてはいけません。
      次回の治療につながるよう励ましてあげてください。
  3. 不安がっている子は練習しましょう

    • 不安がっている子ども、少しだけ泣いてしまった子どもは、治療に慣れていないからです。
      「歯医者さんごっこ」「歯ブラシごっこ」などして、大きく開ける練習や長く開ける
      練習をして、 治療の予行練習をしましょう。
キャラクター

さかの歯科での小児歯科の治療メニュー

フッ素塗布

img04

フッ素には、歯の表層のエナメル質を頑丈にすることで虫歯に強い歯質を作る効果があるので、虫歯の予防処置に特に有効です。

さかの歯科では、高濃度のフッ素(9000~9500ppm)を塗布して、虫歯になりにくい強い歯質を作ります。

1回のフッ素塗布だけでは、高い効果が期待できないので、定期健診の際にフッ素塗布し、虫歯予防効果をより高めていきます。

フッ素のむし歯予防効果

>> フッ素の詳細ページへ

シーラント

シーラントでむし歯予防しましょう

シーラントとは、奥歯の溝をフッ素の入ったプラスチックの樹脂で埋めることで溝を浅くして、虫歯になりにくくすることをいいます。

通常奥歯は、歯ブラシの毛先が届きにくいために、汚れがたまりやくいので、虫歯になりやすくところです。

虫歯の始まりはこの溝からが一番多いのです。

シーラント

>> シーラントの詳細ページへ

歯のクリーニング(PMTC)

PMTCで笑顔100点

PMTCとは、Professional Mechanical Tooth Cleaningの略で、プロフェッショナルな専門家による、専門器具を使う歯や歯ぐきのクリーニングのことをいいます。
つまり専門のトレーニングを受けた歯科衛生士が、バイオフィルムを完全に落とすことをいいます。

PMTC

>> PMTCの詳細ページへ

定期メンテナンス

子どもたちの笑顔のために私たちは予防歯科を頑張ります

さかの歯科に来院される乳児期から小学校にかけての多くのこどもさんは、定期メンテナンス(お口のクリーニング)によって、むし歯のない子どもに育っています。

これは、特にさかの歯科で力を入れている予防歯科にあたる分野となります。

幼少期の大切な時期に、定期的なお口のクリーニングでむし歯のない人生のスタートを切ってみませんか?

あなたなら

>> 定期メンテナンスの詳細ページへ

サホライド

サホライドでむし歯の進行を抑えることができます

サホライドとは、虫歯の抑制と殺菌作用のあるフッ化ジアミン銀溶液を歯面に塗る処置をいいます。

乳歯の軽い虫歯に関しては、歯を削らず虫歯の進行を抑えることができます。

ただし、サホライドに含まれている銀の沈着によって、象牙質の色を変化させ、歯は黒っぽくなりますが、虫歯が進行したわけではありません。

>> サホライドの詳細ページへ