歯周病治療 さかの歯科のトップページへ
TOP > 歯周病治療

歯周病治療

歯周病とは?

歯周病(歯槽膿漏)は歯の表面につくプラーク・歯垢(細菌の塊)による「歯の周りの組織の病気」です。
歯肉の炎症による出血、腫れを特徴とする「歯肉炎」と、歯を支える歯槽骨が破壊される「歯周炎」に分けられます。

歯周病の進行

歯周病とは?の詳細ページへ

歯周病の原因

歯周病(歯槽膿漏)の直接の原因はプラーク(歯垢)です。
正確に言うとプラークの中にいる細菌が原因です。
プラーク(歯垢)が成熟して、歯を覆ってしまうと、バイオフィルムとなります。
そして、プラークやバイオフィルムが固まったものが歯石です!!
バイオフィルムや歯石になってしまうと、歯ブラシでは取れなくなってしまいます。

歯周病の原因の詳細ページへ

さかの歯科のインプラントの特徴

  1. 歯科医20年のベテランドクターが親身になって対応いたします。

    痛いところ、気になるところがあれば遠慮なくご相談下さい。

    • 必要に応じて、レントゲン検査、口腔内カメラ検査を行います。
      その後、お口の状態をご説明いたします。
  2. しっかりした感染予防対策を行っています。

    歯周病(歯槽膿漏)の治療は、一にも二にも、固った歯垢(=歯石)を除去することです。
    歯ぐきの上だけでなく、歯ぐきの溝(=歯周ポケット)の中に付いてしまった歯石も一本一本丁寧にクリーニングし、ポケットの洗浄を行います。まずは、進行を食い止めることが大切です。

  3. 痛み腫れの少ない、患者さんに優しい治療方法を行っています。

    PMTCとは、プロフェッショナルな専門家による、専門器具を使った歯とお口の中のクリーニングのことです。 つまり専門のトレーニングを受けた歯科衛生士が、バイオフィルムを完全に落とします。タバコのヤニや、コーヒー・紅茶等の茶しぶといった沈着物も併せて、クリーニングします。

  4. 痛み腫れの少ない、患者さんに優しい治療方法を行っています。

    歯周病の予防には、歯肉をマッサージすることが大切です。
    専門的な勉強会で研修を受けた歯科衛生士が、
    院長推薦の歯ブラシを誓って歯ぐきのマッサージをします。
    歯みがきの極意をお教えします。下記2つのブラッシング方法がとても効果的です。
    「バス法」…歯と歯ぐきの境目に対して45度の角度でブラシを当てる
    「つまようじ法」…つまようじを使うように歯と歯の間をみがく

歯周病の治療に関する動画

京都市西京区のさかの歯科での歯周病予防(メンテナンス)の流れ

当院では、歯周病予防の「お口のクリーニング」「治療後のアフターケア」として
定期的なメンテナンスに特に力を入れています。

 

歯周病のメンテナンスの詳細ページへ

歯周病のメンテナンスに関する動画

歯周病と生活習慣病と関係

歯周病(歯槽膿漏)は、口の中だけの病気ではありません。
糖尿病や心臓の病気など様々な病気と密接に関係しています。
歯周病(歯槽膿漏)の治療と予防は、歯を守ることだけでなく、全身の健康を保つのに欠かせないのです。

歯周病と生活習慣病の詳細ページへ

歯周病についてもっと詳しく知りたい方

下記歯周病講座をご覧ください。

歯周病