歯周病講座 さかの歯科のトップページへ
TOP > 歯周病講座 > 歯周病を悪化させる危険因子

歯周病を悪化させる危険因子

京都市西京区の歯医者さかの歯科のロゴ.jpg


 【お口の中の危険因子】



歯周病を悪化させる1.jpg

歯ぎしり

歯周組織に負担をかけ、歯周病を進行させます


歯並びが悪い

プラークがたまりやすく、清掃しにくい


食片圧入 

歯と歯の間に物がつまると、プラークが付きやすい


口呼吸

歯肉が乾燥し、炎症が強くなる。細菌感染がしやすい。


外傷性咬合

悪い咬みあわせ:歯にかかる力のバランスが悪くなり、炎症が歯周組織に起こりやすい


やわらかい物、甘い物ばかり食べる習慣がある

栄養が偏り、プラークが溜まりやすい


口の中のことに関心が薄い 

口の中の異変に気が付きにくい、清掃がおろそかになる




京都市西京区の歯医者さかの歯科のロゴ.jpg


【全身的な危険因子】



歯周病を悪化させる2.jpg

糖尿病

身体の抵抗力が低下し、歯周病を悪化させる


喫煙

ニコチンなどの有害物質が、免疫力を低下させ、炎症が治りにくくガンの原因にもなります


ストレス

免疫力が低下したり、歯ぎしり、食いしばりなども起こしやすく、歯周病(歯槽膿漏)が悪くなる


不規則な生活

生活習慣病を起こしやすい


薬の副作用

高血圧、抗てんかん薬、など唾液が出にくくなり、炎症が起こりやすいため、歯周病(歯槽膿漏)を悪化させる


肥満

糖尿病(歯槽膿漏)になりやすく、歯周病も進行しやすい


女性の思春期・妊娠・更年期

女性ホルモンの影響による。更年期では、歯肉が硬くなり、骨粗しょう症にもなりやすく、歯槽骨の吸収が起こりやすい。妊娠は妊娠性歯肉炎を引き起こす因子となります





メールでのお問い合わせ