歯周病講座 さかの歯科のトップページへ
TOP > 歯周病講座 > バイオフィルム

バイオフィルム

京都市西京区の歯医者さかの歯科のロゴ.jpg


【バイオフィルムとは?】


プラーク(歯垢)が成熟して、様々なタイプの細菌全体がお互いに協力し、覆われた状態になります。これをバイオフィルムといいます。

歯の表面は皮膚などと違い新しくなって剥がれ落ちること(新陳代謝)がありませんので、細菌が特殊な成長をします。
 

バイオフィルムその1.jpg
バイオフィルムは成長します。
細菌がネバネバの多糖体を作って歯の表面につき、大きく成長します。
細菌の集団の作るバリアが強力なので破壊しなければどんな薬も到達しません。




京都市西京区の歯医者さかの歯科のロゴ.jpg

【バイオフィルムはとても厄介者です】

バイオフィルムその2.jpg

歯垢(プラーク)はブラッシングで除去できます。
これに対し口腔バイオフィルムはブラッシングでは容易に除去する事ができない上に、抗生物質や洗口剤でも死滅する事は困難です。

また、日常でもバイオフィルムはいろいろな所に存在します。
日常で見かけるバイオフィルムは、台所やお風呂の排水のネバネバした気持悪い感触の部分です。
日本語では菌膜と呼ばれ、正体は微生物の集合体である。
これらは台所だけでなく,川の石の上、花瓶の内部、コンタクトレンズ、歯の上などあちこちで見られます。
細菌が菌体外多糖という物を作って堆積した、非常に取りにくい細菌の固まりなのです。




メールでのお問い合わせ