歯周病講座 さかの歯科のトップページへ
TOP > 歯周病講座 > プラーク(歯垢)

プラーク(歯垢)

京都市西京区の歯医者さかの歯科のロゴ.jpg


【プラーク(歯垢)とは?】



プラーク(歯垢)は歯の表面にたまった白いネバネバした物のことです。食べカスのように見えますが実際はお口の中にいる細菌がたまってできた巣のようなものです。


プラーク.gif


お口の中には何百種類もの細菌がいるのですが、最近では歯周病(歯槽膿漏)を引き起こす何種類かの細菌(アクチノバチラス・アクチノミセテム・コミタンス菌やプロフィロモナス・ジンジバリス菌など)がわかっています。

 

歯ブラシのしにくい歯と歯茎の間にたまってしまったプラークの中にいる細菌が、歯肉の中に入り込もうとすると、体の防御反応が起こり、その結果として歯内に炎症(腫れ)が起こったり、歯槽骨が破壊(溶け出したり)されたりということが起こります。又、歯周病菌が出す毒素も歯槽骨の破壊を引き起こします。




メールでのお問い合わせ