インプラント講座 さかの歯科のトップページへ
TOP > インプラント講座 > 総入れ歯かインプラント?

総入れ歯かインプラント?

■ 歯が全部抜けた場合 ■

 

従来の治療(総入れ歯)

土台になる歯がないため総入れ歯(総義歯)となります。

うまく合わない場合は食事がおいしくない、うまく話せない、外れやすいなどの問題が生じることがあります。

 

 

 

インプラント治療

インプラントを土台にして入れ歯を安定させ動かず、しっかりした義歯にすることが出来ます。

また、あごの状態によっては、インプラントによって一本ずつの歯を自然な状態で、再建することも可能です。

 

 

 

利点

1.比較的簡単に治療が受けることができる。

2.健康保険でも治療できる。

 


欠点

1.形が合わないと口の中で動き、歯茎とすれて痛みがでる。

2.歯茎が痩せている方の場合、入れ歯が外れやすく、人前で入れ歯が外れないか気になる。

3.硬いものやお餅、パンなど、噛むのに苦労する

4.ものが食べにくい。

5.壊れて使えなくなる場合がある。

6.発音しづらい場合も。

7.取り外して手入れをする必要がある。

8.入れ歯が慢性的に歯肉を圧迫しているため、歯茎が知らないうちに痩せてくる。

利点

1.自分の歯のような感覚で噛む事ができる。

2.食感や味覚は良く食事を楽しめる見た目、審美性が良好です。

3.インプラントにより噛む力が伝わり、顎の骨がやせるのを防ぎます。






欠点

1.歯を抜く場合と同程度の手術が必要

2.体質や疾病(重度の糖尿病など)によっては治療ができない場合がある。

3.健康保険がきかないため自費治療となります。

4.完成までの日にちがかかるが通院日数は変わらない。

 

メールでのお問い合わせ