インプラント講座 さかの歯科のトップページへ
TOP > インプラント講座 > ブリッジかインプラント?

ブリッジかインプラント?

 

■ 歯が1~2本抜けた場合 ■

 

従来の治療(ブリッジ)

両隣の健康な歯を削って、土台にしブリッジで治療。

 

 

インプラント治療

欠損部にインプラントを埋入し人工の歯を単独で装着。

 



利点

1.食感や味覚は良い。

2.比較的簡単に治療できる。

3.治療終了までの期間は短め。

4.セラミックの歯を選べば見た目は良好です。





欠点

1.ブリッジを固定するために、両隣の歯を削る必要がある。

2.削った後に痛み等がでれば、神経を取る場合もある。

3.歯の無い部分の噛む力を支えるため、支えになる歯は負担が大きい。

4.抜けた歯の部分の顎骨が、次第にやせてしまう事がある。

5.食べ物カスが詰まりやすく場合がある。

6.発音しづらくなることがある。

利点

1.食感や味は良い。          

2.自分の歯のような感覚で噛むことができる。

3.ブリッジのように両隣の歯を削る必要がない。

4.インプラントが天然歯の負担を軽減し、天然歯全体を守ることにつながる。

5.見た目、審美性が良好です。

6.インプラントにより噛む力が伝わり、顎の骨がやせるのを防ぐ。



欠点

1.歯を抜く場合と同程度の手術が必要です。

2.体質や疾病(重度の糖尿病など)によっては治療ができない場合がある。

3.健康保険がきかないため自費治療となる。 

4.完成までの日数がかかる。

  

メールでのお問い合わせ