歯のお話 さかの歯科のトップページへ
TOP >歯のお話

「歯のお話」 ~トラブルを防ぎ、歯を健康に保つためのコツ~

歯のトラブル編

口腔悪習癖

歯はちょっとした「癖」で動いてしまう

皆さんは、無意識に行っている「癖」が、歯ならびやかみ合わせに
影響していることをご存知でしょうか?
「歯」はちょっとした力でも、繰り返しかかることで少しずつ動いてしまいます。

特に成長期のお子さんの場合、日ごろの「悪い癖」が歯並びや
あごの発達に大きく影響を及ぼしてしまいます。
こうした癖を「口腔悪習癖」といいます。

もし、次に挙げるような癖があったら要注意。もちろん大人でも注意が必要です!

指しゃぶり・ツメを噛む癖

指しゃぶり・ツメを噛む癖

4、5 歳になっても指しゃぶりをしていると、少しずつ歯が動き、出っ歯、受け口などの原因になります。
子供には繰り 返し注意を促し、本人に「癖を直す意識」をしっかり持たせましょう。

また、爪を 噛む癖も歯ならびを悪くします。大人にも多い癖なので注意してください。

舌癖( 舌を歯に押し当てる癖)

上下の前歯に舌を押し当てる癖があると、少しずつ前歯がかみ合わなくなり、
隙間ができてしまいます

また、乳児はもともと舌を前に出して食べ物を飲み込みますが、
歯が生えてもこの習慣が残っていることがあります。

しっかりチェックして、正しい飲み込み方ができるようにしましょう。
また、舌で奥歯を押していると、奥歯が揺れる原因になります。

頬杖(ほおづえ)

頬杖(ほおづえ)

ほおづえをつく癖があると、かみ合わせが深くなったり、
左右にずれてしまいます

特に子供のほおづえはあごの成長を抑えてしまい、
骨格が小さくなることで歯ならびまで悪くなる恐れがあります。

唇を噛んだり吸ったりする癖

上唇を噛んだり、吸ったりする癖があると、受け口に、反対に、
下唇を噛んだり、吸っ たりする癖があると、出っ歯
になってしまいます。

子供だけでなく大人にもみられる癖ですので、意識してしっかり直しましょう。

■その他の「歯のお話」はこちらへ