歯のお話 さかの歯科のトップページへ
TOP >歯のお話

「歯のお話」 ~トラブルを防ぎ、歯を健康に保つためのコツ~

歯のトラブル編

禁煙とお口の病気

歯並びの影響は見た目だけではありません

「歯並び」といえば、「見た目」の問題が気になりやすいですが、食いしばり・歯ぎしりの治療法
実は、歯並びが悪いと身体にも様々な悪影響が出てきます。

「見た目はあまり気にしない」という方も歯並びの
不正には十分な注意が必要です。
例えば「歯並び」が悪いと、こんな問題を引き起こします。

■ プラークが落としにくく「むし歯」「歯周病」になりやすい
■ しっかり噛めなくなる (消化不良で胃腸の調子が悪くなりやすい)
■ 骨格がゆがんでしまう
■ あごの筋肉のバランスが崩れる
(頭痛、首、肩、背中、腰の痛みなどを引き起こす)

主な歯列不正の種類と治療法

実際にはもっと様々な種類があります

①叢生(そうせい)叢生

歯が重なりあって生えている状態です。

主な原因はあごが小さいため、歯が生えるスペースが
足りないことが挙げられます。あごを大きくしたり歯を
抜いたりして矯正していきます。

② 下顎前突( かがくぜんとつ)=受け口受け口

下あごが上あごより前に出ている状態です。

一般的には矯正治療を行いますが、重度の場合には
外科手術を行う場合もあります。
子どもの場合は、まずチンキャップを使います。

③ 上顎前突( じょうがくぜんとつ)=出っ歯出っ歯

上あごが下あごより前に出ている状態です。

原因や程度にもよりますが、一般的には歯を抜いて
隙間をつくり、矯正治療によって歯列を整えていきます。
外科的処置が必要な場合もあります。

④開咬( かいこう)開咬

奥歯だけがかみ合って、前歯がかみ合わず
開いてしまっている
状態です。

軽いものであれば、かぶせものなどで治療が可能ですが、
重度の場合は矯正や外科的手術が必要な場合もあります。



■その他の「歯のお話」はこちらへ