歯のお話 さかの歯科のトップページへ
TOP >歯のお話

「歯のお話」 ~トラブルを防ぎ、歯を健康に保つためのコツ~

歯のトラブル編

禁煙とお口の病気

無意識に食いしばり・歯ぎしりしていませんか?

人は誰でも力を入れるときに歯を食いしばります。
こうした一時的な食いしばりはさほど大きな問題にはなりません。

しかし、力を入れる必要のない日常の何気ない場面で、
無意識のうちに歯を食いしばったり、睡眠中はもちろん、
日中も歯ぎしりをしてしまっている方がいらっしゃいます。
これらはお口のなかに様々な問題を引き起こします。

食いしばり・歯ぎしりが引き起こす様々なトラブル

① 歯がすりへる(咬耗・こうもう) ② 歯が折れる(破折・はせつ)
歯がすりへる(咬耗・こうもう) 歯が折れる(破折・はせつ)
③ 歯が傾く、移動する ④ 治療した装着物が壊れる
 歯が傾く、移動する 治療した装着物が壊れる

⑤ 知覚過敏でしみる(→後日詳しいページで)

⑦ 歯を支えている歯の骨が溶ける(→後日詳しいページで)

⑥ 楔状欠損ができる(→後日詳しいページで)

食いしばり・歯ぎしりの治療法

① まずは常にしっかり意識しましょう!
~もともと上下が接触していないのが正常です!

食いしばり・歯ぎしりの治療法

そもそも、上下の歯は普段は接触していないのが正常。
しっかり意識すれば、「今、上下の歯が触れているな」
と気づくことができます。

そんなときは大きく深呼吸して、リラックス!
そして歯が接触しないよう意識しましょう。
これを繰り返し「食いしばらない習慣」をつけることが大切です。
そのほかにも様々なトレーニング法があるのでご相談ください。

② スプリント・かみ合わせ調整も有効です

マウスピースタイプ

「スプリント」というマウスピースタイプの装置で強制的に
接触させないようにする方法があります。

また、上下の歯のかみ合わせが原因と考えられる場合には、
かみ合わせの調整で対応できることもあります。

症状や歯の状態によって対応の方法も変わりますので、
詳しくはご相談ください。

■その他の「歯のお話」はこちらへ