歯のお話 さかの歯科のトップページへ
TOP >歯のお話

「歯のお話」 ~トラブルを防ぎ、歯を健康に保つためのコツ~

歯のトラブル編

神経のない歯について

歯の神経は痛みを伝えるだけじゃない!

神経のない歯

図のように、歯の内部には「歯髄」と呼ばれる、
いわゆる神経組織があります。

この歯髄はただ痛みを伝える神経だけでなく、
無数の毛細血管が存在し歯に栄養分や酸素を
送っています。

むし歯の進行などによりこの「歯髄」が細菌に
おかされると、取り除かなければならなくなります。

こうして「歯髄」を失ってしまった歯を「失活歯(しっかつし)」といいます。
(反対に「歯髄」のある歯は「生活歯」といいます)

神経の無い歯にはこんなデメリットが…

歯がもろくなる

歯の神経(歯髄)は栄養分や水分、酸素を運んでいます。
つまり、神経をとってしまうということは、歯に栄養分が送られなくなることを意味し、
その結果、歯が弱くなってしまうのです。

歯は食事のたびに常に力がかかっています。
そのため神経を取ってしまいもろくなった歯は、どうしてもヒビが入ったり、割れたり折れたりする可能性が高くなってしまうのです。

むし歯に気づかなくなる

神経をとったからといって、むし歯になら ないわけではありません。

むしろ、痛みを感じなくなるので、むし歯になっても気づきにくく、知らないうちに大きなむし歯となり、最悪の場合歯を抜かなくてはならなくなります。

歯が変色する

歯の神経を取ってしまうと、歯髄のまわり にある象牙質に血液が送られなくなるので、象牙質が変質し色が変わってしまいます。このため、歯の色も変色してしまうんです。

奥歯ではあまりに気にならないかもしれませんが、前歯の場合はかなり目立ってしまいます。

■その他の「歯のお話」はこちらへ