歯のお話 さかの歯科のトップページへ
TOP >歯のお話

「歯のお話」 ~トラブルを防ぎ、歯を健康に保つためのコツ~

歯のトラブル編

むし歯の進行について

むし歯の進行と治療方法・歯の寿命

むし歯といっても、その進行状況によって、治療方法やその後の歯の寿命が大きく
変わってきます。

早く 見つけられれば削らなくて済むこともありますし、発見が遅れると著しく歯の寿命を
短くしてしまうことになります。

むし歯の進行度合いはC0( シーオー) からC4 のアルファベットと数字であらわします。

C0

C0

むし歯になりかけの状態です。この段階で発見できれば、フッ素を使ったり、日ごろの習慣(歯磨き、キシリトールの摂取など)に気を使うことで、健康な状態に戻る可能性があります。状態が良くなるまで、歯科医院で定期的な経過観察をしていきます。

C1

C1

比較的軽度なむし歯ですが、まだ痛みなどが無い状態です。この段階で発見された場合は、むし歯を削ってCR(コンポジットレジン)と呼ばれるプラスチックの材料を使った治療などを行います。
※削らずに様子を見る場合があります。

C2

C2

この段階になると、冷たいものや甘いものがしみるといった症状が現れてきます。C1 と同じような治療、もしくは大きめのむし歯の場合は型をとって「つめもの」や「かぶせもの」を作ることもあります。

C3

C3

むし歯が進行し、歯の内部にある「神経」が細菌におかされています。「神経」を除去し、歯の内部の「細菌」を徹底して除去します。基本的には「かぶせもの」を製作します。また、「神経」を除去してしまうと、歯がもろくなり寿命が著しく短くなります。

C4

C4

歯の大半がむし歯になってしまった状態です。すでに「神経」が死んでしまい痛みを感じないこともありますが、放置しておくと歯を支える骨がとけるなど、周囲の歯に影響を及ぼすため、早期の治療が必要です。「かぶせもの」を製作か、または「抜歯」をすることになります。

■その他の「歯のお話」はこちらへ