歯のお話 さかの歯科のトップページへ
TOP >歯のお話

「歯のお話」 ~トラブルを防ぎ、歯を健康に保つためのコツ~

歯のトラブル編

歯周病による骨吸収

歯周病で歯が溶ける!

歯周病

歯は右の図のように、「歯槽骨(しそうこつ)」と呼ばれる骨で支えられています。
この「歯槽骨」がさまざまな理由で溶けてしまうことがあり、放っておくといずれ歯が抜けてしまうことになります。

このように「歯槽骨」が溶けることを「骨吸収」といいます。その代表的な原因が「歯周病」です。

歯周病菌が歯槽骨を溶かす!!

歯周病病気

皆さんもよくご存知のプラーク(歯垢)。
これはただの食べかすではなく、
実は右の写真のような細菌の塊です。

わずか1ミリグラム(1 グラムの1000 分の1)のプラークには、
10億もの細菌がいるといわれています。
実は、この細菌こそが歯周病の原因であり、下図のように、
自覚症状がないまま少しずつ歯槽骨を溶かしていきます。

歯周病病気

歯槽骨が溶けると歯が長くなる!?

歯周病病気

歯槽骨が溶けてくる と、図のように周りの歯肉もだんだん減っていきます。すると、写真のようにまるで歯が伸びたように見えてしまいます。

プラークコントロールと歯石取りを!!

歯周病が進行してしまい骨が溶けてしまうと、元に戻ることはありません。
進行を食い止めるため、そして歯周病予防のためには、歯磨きでプラーク(歯垢)をしっかり取り除き、さらに細菌の住みかである「歯石」をしっかり取り除くことが重要です。

■その他の「歯のお話」はこちらへ