歯のお話 さかの歯科のトップページへ
TOP >歯のお話

「歯のお話」 ~トラブルを防ぎ、歯を健康に保つためのコツ~

歯のトラブル編

歯周病と全身疾患

口の中の細菌は、からだ全体にいきわたる

歯周病

歯周病は細菌が引き起こす歯ぐきの病気。
その細菌の数は1 ミリグラム
(1 グラムの1000 分の1)のプラークの中に10 億以上いるといわれています。

この細菌はお口の中だけでなく、血管、気管などを経由して身体全体に影響を及ぼします。

歯周病が引き起こす様々な全身の病気

歯周病病気

① 心疾患の原因になる
歯周病になると、歯ぐきが炎症を起こし、ただれた 状態になります。
ここから口の中の細菌が入り込み、血流にのって心臓まで運ばれ、
心臓の病気を引き起こします。

特に、細菌性心内膜炎(しんないまくえん)はほとんどが
お口の細菌であるといわれています。
また、動脈硬化を進行させることもわかってきています。

② 糖尿病が進行する
糖尿病になると歯周病になりやすいことは、以前よ りわかっていましたが、
最近の研究により、反対に、歯周病になると糖尿病が
進行しやすくなるという結果も出ています。
糖尿病にかかっている方は、歯周病にも十分な注意が必要です。

歯周病

③ 早産・低体重児出産の原因になる
歯周病になると早産や低体重児出産のリスクが
高くなると言われています。これは歯周病により
歯ぐきが炎症を起こし、この「炎症物質」の中に子宮の収縮を
促す物質が含まれているからだと考えられています。

また、反対に妊娠すると歯周病が進行しやすいことも
分かっています。妊娠中の方は歯周病への注意が必要です。

④ 肺炎の原因になる
お年寄りの多くが「誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)」
という病気で命をなくされています。
これは口の中の細菌が気管から肺へと入ることが原因です。

食事の際に誤って気管に入ってしまうケースばかりでなく、
知らないうちに、だ液などが少しずつ肺へと入り肺炎を引き起こします。
歯周病になると口の中の細菌が増えるため、こうした肺炎のリスクがとても高くなります。

■その他の「歯のお話」はこちらへ