歯のお話 さかの歯科のトップページへ
TOP >歯のお話

「歯のお話」 ~トラブルを防ぎ、歯を健康に保つためのコツ~

歯のトラブル編

歯周病の進行と症状

こんなに怖い歯周病

歯周病

歯周病とは写真のような「細菌」が引き起こす病気。歯は歯槽骨という骨に支えられていますが、 歯周病菌と呼ばれる細菌がこの骨を溶かしていき、 最終的には歯が抜けてしまいます。

この歯周病に は、皆さんが知らない様々なリスクがあります。

自覚症状がない~成人の80%は歯周病!

歯周病はいきなりかかるものではなく、長い期間をかけて少しずつ進んでいく病気です。
初期段階では自覚症状がなく、「歯周病かも」と気づくころには、かなり進行した状態に
なっていることが少なくありません。

実に成人の80%以上が歯周病ともいわれています。

歯周病の進行と自覚症状

歯周病の進行軽度軽度
ほとんど自覚はありませんが、
すでにたくさんの歯周病菌がお口の中に存在しています。

少しずつ歯石ができはじめます。

中度①
歯周病の進行中度①さほど自覚はなく、疲れたときに、歯肉がはれたり
多少出血する程度。
しかし、歯の表面を中心に歯石がみられ、
確実に進行し始めています。

この歯石がバリアになり歯周病菌の繁殖をさらに加速させます。

歯周病の進行中度②中度②
出血する頻度も高くなり、慢性的に歯ぐきがはれたようになります。
場合によって歯が少しぐらぐらするなど、確実に歯を支えている骨も
溶けはじめています。

歯石は歯の表面だけでなく歯ぐきの中にもついています。

歯周病の進行重度重度
物を食べると歯が痛むまでに進行しています。
左右だけでなく上下にも歯が動き出します。
歯を支える骨もかなり溶けてしまっており膿が出ることもあります。

こうなると歯を抜かなくてはならないことも少なくありません。

■その他の「歯のお話」はこちらへ