歯のお話 さかの歯科のトップページへ
TOP >歯のお話

「歯のお話」 ~トラブルを防ぎ、歯を健康に保つためのコツ~

歯のトラブル編

口内炎の原因とケア

むし歯ではないのに、冷たいものを口にしたときや、
歯ブラシの毛先が触ったとき、場合によっては風があたっただけで、
痛みを感じることがあります。

知覚過敏

それは「知覚過敏」です。

むし歯や歯周病じゃないから、といって我慢をしてると、歯の神経を取らなくてはならなくなってしまうこともあります。

もちろん、むし歯や歯周病になっているときや、歯周病の治療中にも知覚過敏になることがあります。「知覚過敏」とは何かを知って、きちんと治療をしましょう!

むし歯じゃないのに歯がしみる!?

様々な理由により、エナメル質がすり減ったり、
歯の根っこがむき出しになると、象牙質を通して
刺激が神経につたわり「キーン」という痛みを感じます。

知覚過敏の原因と対処法

原因1:歯周病で歯ぐきが下がってしまった
歯周病になると、歯ぐきが少しずつ下がってきます。
すると刺 激に敏感な歯の根っこが露出し、知覚過敏になります。
また歯 周病治療により歯石を除去することで知覚過敏になることもあ ります。
これらの場合、まずはしっかり歯周病を治し、知覚過 敏用の歯みがき剤などを
使用して、歯の表面を強くする(再石 灰化)必要があります。

原因2:かみ合わせ不良・歯ぎしり・食いしばり
かみ合わせが悪かったり、普段から歯ぎしり、食いしばりなどの癖があると、
エナメル質が削れたり、あるいは楔状欠損を引き起こし、
知覚過敏の症状があらわれます。
根本治療のためには、かみ合わせ修正や歯ぎしり・食いしばりの対処が必要です。

原因3:歯みがきで歯が削れている
歯みがきの力が強すぎたり、研磨力の高い歯みがき剤を使用すると、
歯の表面が削れて知覚過敏になることがあります。
この場合は、正しい歯みがきの指導を受け、さらに歯の表面を強く
する(再石灰化を促す)歯みがき剤などを積極的に使用します。

歯の再石灰化を促し歯周病やかみ合わせなどの根本原因を解消しよう!

■その他の「歯のお話」はこちらへ