歯のお話 さかの歯科のトップページへ
TOP >歯のお話

「歯のお話」 ~トラブルを防ぎ、歯を健康に保つためのコツ~

歯のケア編

産前・産後の治療

妊娠中にむし歯になってしまったら…

産前・産後の治療

妊娠中はレントゲンや麻酔の影響が気になるところ。
しかし、歯科のレントゲンは放射線量が極めて少なく、
むし歯もごく少量の局所麻酔ですので、
赤ちゃんへの影響はまず心配ありません。
また、妊娠中はその時期によって多少の注意が必要です。

・妊娠していることをお知らせください
安全な治療をお受けいただくために必要です。妊娠して
いる場合には必ずお知らせください。

・母子健康手帳を忘れずに持参
治療方針を患者様の状況によって変えます。妊娠状況の
記されている母子健康手帳を忘れずにお持ちください。

・産婦人科の先生にあらかじめ相談を
歯科受診前に産婦人科の先生にご相談をしてください。
必要に応じて、協力をすることでスムースな診療をいた
します。

週数による治療上の注意

■妊娠初期(16 週くらいまで)
安定期に入るまでは緊張やストレスに気をつけましょう。長い時間
の治療はできるだけ避け、応急処置を中心に行います。また薬にも
注意が必要です。

■ 妊娠中期(17 ~ 28 週くらいまで)
安定期であるこの時期は、ほぼ通常通りの治療ができます。産後は
しばらく治療がしにくくなるので、すでにむし歯などがある場合に
はこの時期に治すよう心がけましょう。

■ 妊娠後期
出産を控え、子宮に血液が集まりはじめます。そのため、治療中に
貧血となる恐れがあります。またストレスによる早産の恐れもあり
ますので、できるだけ軽めの治療にとどめておきましょう。

■ 産後
産後は精神的に不安定になりがちで、ストレスもたまりやすくなり
ます。できるだけ応急処置にとどめ、精神的に負担のないようにし
ましょう。母乳への影響もありますのでお薬には注意が必要です。

■その他の「歯のお話」はこちらへ