歯のお話 さかの歯科のトップページへ
TOP >歯のお話

「歯のお話」 ~トラブルを防ぎ、歯を健康に保つためのコツ~

歯のケア編

子供の歯のケア(1歳~3歳)

歯みがきの習慣は一生の財産!

1 歳ごろから奥歯が生えてきます。いろいろなものが食べられるよ うになります。
その分、食べかすがつまったりすることも多いので、 より注意が必要です。
また、奥歯のかみ合う面には複雑な形の溝が あります。

ここにプラーク(歯垢)がたまってむし歯になることが とても多く、
しっかりしたケアが必要です。毛先を垂直に立てて、
奥から手前にかきだすようにして、みがいてあげましょう。

自分でみがけるようにしよう…(2 歳~ 3 歳)

あかちゃん

言葉も理解できるようになり、歯も揃ってきたところで、少しずつ自分で歯をきれいにする習慣をつけ
てあげましょう。まずはうがいからスタートして、すこしずつブラッシングも練習するようにします。
もちろん、ちゃんとみがくのは難しいので、仕上げみがきをしっかりとしてあげましょう。

定期健診を受けましょう

子供の歯はとても弱いため、ほんの少しのみがき残しで
もむし歯になってしまうことが少なくありません。
定期健診でむし歯をチェックすると同時に、
フッ素を塗ることでむし歯になりにくい
あかちゃん 環境を作ることができます。

「 歯医者さん嫌い」にしないで!

「歯をみがかないと、痛くてこわーい歯医者さんに連れて行くよ!」
こんな風にお子さんを怖がらせてしまう方がいらっしゃいます。
これでは、本当にむし歯になったときに治療がとても難しく
なってしまいます。
子供はいつでも本気です。
だからこそ、真剣に治療を拒絶されてしまうと、
適切な治療ができないこともあります。
過度な恐怖心を与えないようにどうぞご注意ください。

■その他の「歯のお話」はこちらへ