歯のお話 さかの歯科のトップページへ
TOP >歯のお話

「歯のお話」 ~トラブルを防ぎ、歯を健康に保つためのコツ~

フッ素の効果

フッ素の効果

フッ素の2つの効果

フッ素は、歯そのものを丈夫にしてくれるのと同時に、むし歯菌の力をも弱めて
くれるむし歯予防に欠かせないものです。

フッ素でむし歯予防!

フッ素

◆ 歯の再生力が上がる!

実は、歯は食事のたびに溶けたり(脱灰)、
再生したり(再石灰化)を繰り返しています。
脱灰ばかりが起こるようになると、
やがて再生できなくなり、むし歯になります。

フッ素はこの再生(再石灰化)を促進させる
効果があります。

◆歯が丈夫になる!

歯は表面が結晶になっています。

しかし、通常の歯の表面はとても弱い結晶で、むし歯菌が作り出す酸に よって溶かされ、むし歯となります。そこでフッ素を使い、結晶の力を強くします。

特に乳幼児や小さなお子さんは、まだ歯が丈夫でないため、フッ素による歯質強化を強くお勧めします。

とはいえ、過信は禁物です!

フッ素は確かにむし歯になりにくい状態をつくりますが、
それによって、完全にむし歯が予防できるものではありません。

あくまでもむし歯予防の基本は毎日の歯みがき。
このブラッシン グとともにフッ素を併用することではじめて、
高い予防効果を発揮します。

もちろん、一度むし歯になってしまったら、フッ素を使っても治りませんよ!

でも、一番大切なのは、歯をきちんと磨くこと!!

フッ素の効果を高めるために

歯科衛生士

・フッ素を塗る前に、きちんとプラークを落とす
( プラークコントロール)

・定期的に、隅々までフッ素を塗る

・フッ素を塗ったら、30 分くらいは飲食しない

■その他の「歯のお話」はこちらへ