歯のお話 さかの歯科のトップページへ
TOP >歯のお話

「歯のお話」 ~トラブルを防ぎ、歯を健康に保つためのコツ~

歯のケア編

入れ歯のお手入れ

入れ歯が引き起こすさまざまなトラブル

産前・産後の治療

入れ歯はその構造上、歯ぐきとの隙間があり、ここに食べかすやプラーク(歯垢 =細菌のかたまり)がたまりやすくなります。

また、部分入れ歯にはクラスプと 呼ばれる固定用のバネがついており、ここにも同じように食べかす・プラークが たまります。

このように入れ歯を不衛生にしておくと、むし歯、歯周病、口臭な どを引き起こしますので、しっかりとしたお手入れが必要です。

入れ歯の掃除

■ブラッシング
必ずお口から取り外して隅々まで掃除します。
入れ歯はプラ スチックでできてるものが多いため、
研磨剤入りの歯みがき 粉を使わず、あまり強く磨き過ぎないことが大切です。
専用 の入れ歯用ブラシを使用し、やさしく磨きましょう。
クラス プ(バネ)の部分は特に念入りに。

■洗浄剤による付け置き洗い
細かな部分の汚れをとるには、付け置きの洗浄剤を使うのも効果的です。
熱いお湯に入れると割れることがあるので、必ずぬるま湯につけてください。
また、洗浄剤をあまり頻繁に使いすぎると入れ歯の耐久性を短くすることもあります。

■ おやすみ時の保管
就寝の際に入れ歯を外したほうがよいかどうかは、お口の状態によります。
歯科医院で確認をしてください。
また、外す場合には、入れ歯は乾燥すると割れやすくなってしまいますので、
必ず水などにつけておくようにしましょう。

■ お口全体の寿命を延ばすために
入れ歯にも歯石がつきます。歯石は細菌が繁殖する原因となりますが
除去するのが難しいので、定期的に歯科医院で取り除いてください。
また、入れ歯はお口の状態の変化により不具合を起こしやすいので、
そのチェックのためにも定期的な来院をお勧めします。
合わないからと言って使うのを辞めてしまうと、
お口全体の寿命が短くなってしまいますので、必ず歯科医院に相談してください。

■その他の「歯のお話」はこちらへ