歯のお話 さかの歯科のトップページへ
TOP >歯のお話

「歯のお話」 ~トラブルを防ぎ、歯を健康に保つためのコツ~

歯のケア編

ブリッジのお手入れ

ブリッジの耐久性とお口の将来

産前・産後の治療

ブリッジは右の図のように、歯が抜けてしまった部分を、
自分の歯を支えにして橋渡しして補う方法です。
入れ歯のように取りはずす必要もなく大変便利ですが、
一方、支えとなっている歯に力がかかるため、
歯が折れてしまうなどのリスク
があります。

歯が折れてしまうと、さらに大きなブリッジや入れ歯
になってしまいますので、支えとなる歯は特にしっかり
ケアをして守っていく必要があります。

ブリッジはむし歯や歯周病になりやすい

産前・産後の治療

ブリッジは構造上歯ぐきから浮いた部分ができて
しまいます。
そこに食べかす・プラーク(歯垢)がたまりやすく、
これが2 次むし歯や歯周病を引き起こします

いずれも歯の耐久性を弱め、ブリッジの支えとなる
歯が折れてしまうなどの原因となりますので、
注意が必要です。

ブリッジのケアについて

ブリッジのケアに「歯間ブラシ」は欠かせません。
歯ブラシでは 隙間までしっかり掃除するのが難しく、
かなり高い確率で磨き残 しがでてしまいます。
そこで「歯間ブラシ」を用いて、しっかり とお掃除をする必要があります。
「歯間ブラシ」には大きさがい くつかあり、使い方にもコツがあります。
歯科医院ではブラッシ ングの指導を行っていますので、ぜひ一度ご相談ください。

歯間ブラシで しっかりお掃除を する必要があります

■その他の「歯のお話」はこちらへ