歯のお話 さかの歯科のトップページへ
TOP >歯のお話

「歯のお話」 ~トラブルを防ぎ、歯を健康に保つためのコツ~

歯のトラブル編

歯ブラシのかたさについて

歯ブラシのかたさについて

歯ブラシ

歯ブラシは毛先がかたいほどプラーク(歯垢)が落ちやすくなります。

しかし、あまりに硬すぎると歯と歯の間に入りにくかったり、
歯や歯ぐきを痛めてしまいます。

基本的には普通のかたさを選びましょう。

また、歯肉が腫れている場合は、刺激を与えないように
やわらかめの歯ブラシがおすすめです。

■基本は「ふつう」。

■歯周病で歯ぐきが腫れている人は「やわらかめ」。

まずはご相談ください。

大きさも重要!

適切なかたさでも、しっかり歯に当たらないのでは意味がありません。
小さなお口に大きな歯ブラシでは隅々まで磨くことはできません。

反対に、大きなお口に小さなブラシでは時間がかかり磨き残しの恐れもあります。
サイズも自分にあったものを選びましょう!

メインの歯ブラシが決まったら…

主に使用する歯ブラシが決まったら、さらにしっかり磨けるように、
さまざまな歯みがきツールを使ってみましょう。

例えば、歯の隅々を磨く小さな歯ブラシ、歯と歯の隙間を磨く歯間ブラシ・フロスなど、
磨きにくいところ専用の道具があります!
自分に合った道具を選んで使いましょう。

歯ブラシの寿命

歯ブラシ

どんなに長くても3 ヶ月に1 回、できれば1 ヶ月がベスト。

歯ブラシはだんだん弾力性がなくなりプラークが落とせなくなってきます。
さらには、ナイロンが劣化して歯ブラシに細菌が付着しやすくなり、とても不衛生です!

また、1 ヶ月で大きく毛先が開いてしまうようであれば、
それは力の入れすぎなので要注意です。

■最低3 ケ月に1 回は交換を!■


歯医者さんで聞いてみよう

歯ブラシ選びのポイントはいろいろあります。
「この歯ブラシは自分にあってるのかなあ??」
そんなときは私たちが歯ブラシ選びのお手伝いをいたしますので、
ぜひご相談くださいね。

お気軽にご相談を!!

■その他の「歯のお話」はこちらへ