入れ歯・義歯 さかの歯科のトップページへ
TOP > 入れ歯・義歯

入れ歯・義歯

入れ歯・義歯義歯(入れ歯)には保険適用の入れ歯と保険適用外の入れ歯(自費)の2種類があります。保険適用の入れ歯は保険が適用されるため、患者様の金銭的な負担を最小限に抑えることができます。
しかし、保険適用の入れ歯の場合は材質やデザイン、構造に細かい制限があります。最近では見た目(審美性)や快適さを求める方も増えてきました。そんな方におすすめなのが「自費の入れ歯」です。
保険適用の入れ歯よりも良質な素材と高度な技術を用いるため、
審美性がよく、ストレスが少ない、快適な入れ歯を作ることができます。

色々な入れ歯(義歯)があります

入れ歯も、年々技術が進歩してきています。
そこで、さかの歯科が取り扱っている最新の入れ歯をご紹介します。

1.金属床義歯

金属床入れ歯

金属床義歯とは、強度に優れた金属を床に用いている入れ歯のことをいいます。義歯床を金属にすることで入れ歯を薄くすることができるので、保険適用の入れ歯に比べてしゃべりやすく、違和感も少ないです。

金属床義歯の詳細ページへ

2.磁石式入れ歯

磁石式入れ歯

磁石式入れ歯(マグネットアタッチメント義歯)は、入れ歯の土台となる歯根に「磁性金属(キーパ)」を取り付け、入れ歯側に「超小型磁石」を埋め込んだ入れ歯です。この2つの磁石の吸引力で入れ歯を吸着させることができます。

磁石式入れ歯の詳細ページへ

3.シリコーン義歯

シリコーン義歯

シリコーン義歯(シリコンデンチャー)とは、歯ぐきに触れる部分(入れ歯の内面)に弾性シリコーン(軟らかい素材)を使った入れ歯のことをいいます。

シリコーン義歯の詳細ページへ

4.コンフォート義歯

コンフォート義歯

コンフォート義歯とは、最高の素材であるコンフォートという生体用シリコーンというクッション材で内面を覆う特殊加工技術を用いたシリコーン義歯のことをいいます。 (すなわち最高級のシリコーン義歯のことをいいます。)

コンフォート義歯の詳細ページへ

5.ノンクラスプ義歯

ノンクラスプ義歯

ノンクラスプ義歯(ノンクラスプデンチャー)とは、金属の「バネ」の代わりに、歯肉に近いピンクの樹脂によって固定する部分入れ歯です。

ノンクラスプ義歯の詳細ページへ

6.金属床義歯と磁石との融合

金属義歯と磁石との融合

  • 「薄くて快適」「頑丈」・・・金属床義歯
  • 長所がとても多い ・・・・磁石式入れ歯

金属床義歯と磁石との融合の詳細ページへ

7.金属床義歯とシリコーンとの融合

金属床義歯とシリコーンとの融合

  • 「薄くて快適」「歯に優しい」・・金属床義歯
  • 「痛くない」「よく噛める」 ・・・・シリコーン義歯

金属床義歯とシリコーンとの融合の詳細ページへ

8.金属床義歯とノンクラスプとの融合

金属義歯と磁石との融合

  • 「薄くて快適」「頑丈」・・・金属床義歯
  • 「審美性が良い」 ・・・・ノンクラスプ義歯

金属床義歯とノンクラスプとの融合の詳細ページへ

9.保険の入れ歯

入れ歯保険制度を適用してつくる入れ歯(義歯)には、材料や構造に制約があります。審美性、薄さ・適合性・頑丈・歯に優しい・良く噛めるなどの機能性は、自費の入れ歯(義歯)と比較するとどうしても劣ってしまいます。
部分入れ歯の場合には、レジン(プラスチック)でできた床という土台の上に人工歯を並べ、それを金属のバネで固定するという仕組みになります。
総入れ歯には、レジン(プラスチック)のみでつくるため、厚みが厚くなります。しかし、経済性を考慮すると、
コストパフォーマンスに優れた入れ歯といえます。

保険の入れ歯の詳細ページへ

入れ歯についてもっと詳しく知りたい方

下記入れ歯講座をご覧ください。

入れ歯講座