ドクターブログ さかの歯科のトップページへ
TOP > ドクターブログ

保険診療の前歯と自費診療の前歯はどちらが長持ちするの?

2019年6月24日

院長イラスト小.jpg

患者さんより、よくこんな質問があります。

「保険診療の前歯と自費診療の前歯はどちらが長持ちするの?」

「保険の被せ物と自費の被せ物はどこが違うのですか?」

この2つの材質が違うことは、患者さんもなんとなくご存じの方が多いようです。

自費診療の前歯は変色はしないので、将来的に変色が気になってやり替えることはありません。

わかりやすい例として、白のプラスチックのまな板を想像してみてください。プラスチックのまな板でよく使用している部分は、周りより黄ばんでいることも多いと思います。こんなイメージを持って頂いたらまかりやすいかと思います。

保険診療の前歯と自費診療の前歯はどちらが長持ち.jpg

またこんな質問もよく受けます。「自費の被せ物の方が長持ちするの?」

セラミックという素材は、耐摩耗性に優れています。そのため、たやすく壊れることはありません。簡単にいうと天然の歯より固いです。(対摩耗性に優れています)

それに対して、保険の前歯は金属の下地の上に、硬質レジンというプラスチックを貼り付けています。下地の金属と硬質レジンとは、互いにくっつかないので、「前歯で固いものを引きちぎるような噛み方で剥がれてしまうことがあります。

しかし、本当の違いは別のところにあります。

とても大切なところなのですが、将来のやり替えをすることになれば、大切な歯を再度削ってしまうことになります。

歯を削れば削るほど、何度も治療をすればするほど、歯の寿命を短くしてしまいます。

だから、治す際には、できるだけきっちりと治す必要があるのです。そして再治療が必要のない治療方法を選択する方がいいのです。安易に「悪くなったらまた再治療すればよい」との考え方は良くないです。

再治療を何度も繰り返すと、「やがて抜歯につながる」ことを、歯科医自身が1番理解しています。


歯ぎしりの影響 

2019年6月17日

院長イラスト小.jpg

歯ぎしりの原因は現在のところ完全には解明されていません。しかし、ある統計調査によれば、寝ているときに、歯ぎしりをしている人は、成人のおよそ50%くらいあるとの報告もあります。

ただ、一般の方は、歯ぎしりといえば、いわゆる「キリキリ」音をたてるようなものを想像されるともいます。

しかしここでは、「キリキリ」音をたてるようなものだけでなく、ぐっと食いしばっているもの、かちかち上下の歯を合わせる行為も含みます。

我々歯科医師は、この3つを総称して「歯ぎしり」と呼んでおります。

して、患者さんの歯のすり減り具合をみれば、おおむねその傾向がわかります。

歯ぎしりの影響.jpg

「歯ぎしり」が原因としか考えられない症状がありますが、この症状を訴える患者さんに、「歯ぎしりしてませんか?」と、お話すると、7割くらいの人が、「歯ぎしりしていない」と答えられます。

もちろん寝ているときのことですから、本人には全く自覚がないんですものね。

そして、残念ながら歯ぎしりの癖を止めることはできませんが、歯ぎしりによる良くない症状や害を抑えることは、できます。マウスピースの装着がとても有効です。

ただ、歯ぎしりの治療には終わりがないのと、歯ぎしりの症状には波があるので、経過観察が非常に大切になってきます。


2019年の竹の里小学校の春の歯科検診に行ってきました。

2019年6月10日

院長イラスト小.jpg

2019年6月5日(水曜日)のさかの歯科の休診日に、竹の里小学校に歯科検診に行ってきました。

私と副院長そしてスタッフ2人の合計4名で、虫歯のチェック、歯肉のチェック・歯垢の有無、顎関節の異常、咬合・歯列異常の有無を調べ、用紙に記入していきました。この結果をもとに保護者の方にお知らせが届くことになると思います。

2019年の竹の里小学校の春の歯科検診.jpg

私は竹の里小学校の学校歯科医となって今年で20年となります。そして、春と秋の年2回歯科検診に行っておりますので、合計40回歯科検診をしたことになるんですね。年月がたつのは早いものですね。

今年の検診で感じたことは、1年生に虫歯の多発傾向のある児童が数人いました。これから乳歯が抜けて永久歯に生え変わってくる大切な時期なので、しっかりと保護者の方は自分の子供の口の中をしっかりと気に留めてほしいと思います。

ただ、とても残念なに思うことなのですが、昨年の歯科検診用紙に虫歯となっている歯が、放置されている子供さんもいました。まだ歯医者さんに行っていないのでしょうね。

いつも患者さんにも話しするのですが、虫歯は放置しておいて、勝手に治ることはないのです。必ず歯医者さんにつれて行ってあげてくださいね。


リステリンで酒気帯び?

2019年6月 3日

院長イラスト小.jpg

随分と前の話ですが、車の酒気帯び運転の検問で、こんなことがあったそうです。

酒臭くなければ、検問にひっかからないと考えたOLが、コロンを口に吹きかけたそうです。そうすると呼気中のアルコール濃度の検出値が上昇してしまい、泥酔と判定されたことが実際にあったそうです。

ご存知のように、クルマの酒気帯び運転かどうかの判断として、呼気中のアルコール濃度を検出します。

しかし、今回のように、口臭対策の製品の中にアルコール成分が入っていることがあり、検問時にこのアルコールが検出されてしまうことがあります。

リステリンで酒気帯び?.jpg

たとえば、口腔内洗浄液として有名なリステリンなども、意外にアルコール濃度が高いので、リステリン原液でうがいした直後から15分程度は、りっぱに酒気帯び運転レベルのアルコール濃度になるそうです。

お気を付けください。



治療するのか抜歯するのか?

2019年5月27日

院長イラスト小.jpg

グラグラになっている歯やボロボロになっている歯を治療するのか抜歯するのか?とても難しい判断の時があります。

もちろん、レントゲン撮影を行い、患者さんへの問診、そして患者さんのご希望、そして歯をたたいたり、ゆすって歯の状態を調べ、歯と歯肉の境目のポケットの状態の調べたうえで、虫歯と歯周病の状況を確認していきます。

そして歯や歯周病の状況を患者さんへ説明し、治療方法について検討していきます。

多くの場合は、歯を抜かずに治療できるのですが、治療方法をが難しい時があります。

その場合とは、「抜歯をするのは、もったいないが、治療して治してもどのくらい持つのかわからない」という状況にある状態の時です。

歯科医師も、このような時には説明にも困ることもあるのですが、患者サイドもなかなか判断できないので、最終的にどういった治療方針にするべきかどうか判断に苦しむ時があります。

治療するのか抜歯するのか?.jpg

意思決定の仕方としては、

❶患者様が抜歯を望む。

❷予後不良であるにもかかわらず、いったん治療を進めてみる。そしてそのこと了解していただく。

のどちらかになります。

患者さんはのいい歯医者というイメージは、(極力抜歯をしないこと)と感じていらっしゃる方も多いと思います。

しかし積極的に抜歯をした方が良い時もあります。

例えば、インプラントを将来的に考えている治療方針であれば、第一優先順位はインプラントを埋め込む骨の量を減らさないとこが重要であり、歯周病でグラグラしている歯をそのままで経過観察しておくと、骨の量を減ってしまいます。つまり、早めに抜歯をして、骨の量を減らさないことを考えます。

軽度の状態の時には、上記のようなことは何も考えなくて、治療を進めることができるのですが、歯周病がかなり進行している方や歯の崩壊している虫歯が多数あり、咬み合わせが安定していない方、また近い将来咬み合わせが崩壊してしまいそうな方などは、治療ゴールを決める必要があります。

もちろん予後不良と思われる歯を治療して残したいというお気持ちはよくわかります。ただ、無理をして治療した場合、将来起こるトラブルがもっと大きくなることもあるのです。

その時には、もっと長い治療期間と治療費用も再度必要となります。

前の5件へ 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14
院長紹介 カレンダー

2020年2月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリー アーカイブ