ドクターブログ さかの歯科のトップページへ
TOP > ドクターブログ

令和2年1月のさかの歯科の休診日のお知らせ

2020年1月 1日

令和2年1月のさかの歯科の休診日のお知らせ

  1月6日まで年末年始のお休みとなります。
  5日()   6日(月      8日(水)は振替診察します.   
12日()     13日(月祝    15日(水)は振替診察します.   
19日()     22日(水)
26日()     29日(水)    

よろしくお願いします。


年末年始の休診のお知らせ

2019年12月28日

院長イラスト小.jpgのサムネール画像
令和元年12月28日(土)より、令和2年1月6日(月)まで休診とさせていただきます。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。
 
緊急の際は、下記の医療機関までお問い合わせ下さい。

京都市休日急病歯科診療所の御案内
受付時間:9時から16時
中央診療所:中京区西ノ京栂尾町3-8
    TEL:075-812-8493
      (社)京都府歯科医師会口腔保険センター1階
      JR二条下車 徒歩2分

歯を削る摩擦熱

2019年12月23日

院長イラスト小.jpg

ムシ歯を治療する際に歯を削りますが、その際に摩擦熱が発生するのをご存知でしょうか?

そしてその摩擦熱を冷やすために、必ず歯医者では、お水をかけながら治療しています。


ではどうして摩擦熱を冷やす必要があるのでしょうか?


歯の神経(歯髄)は、摩擦熱などにより、神経の温度が8度ほど上がると、歯髄壊死が始まります。


歯科治療の際、銀歯の調整する際にも、少しドリルを当て続けると、その摩擦熱により、指で触れないほど銀歯は熱くなります。モノを削るときに発生する摩擦熱は、とても大きいのものです。


歯を削る摩擦熱.jpg


しかし、残念ながら歯科用の診療チェアーに、自動で水温調節できるものはありません。つまり、温度調整のコントロールは、注水量で行うしかありません。


通常、ドリルを30万回転で使用する場合、最低65CC/分の水が必要になりますが、当院では、80CC/分の水が出るようにして、歯科治療のドリルで歯を切削する際の摩擦熱の影響がないようにしています。


当院のこの注水量は、歯科医院平均より多い方になります。実は、注水量が多いと、その水圧で視界が妨げられてしまうことがあります。慣れればどうということもありませんが、治療中にお口の周りに水が飛び散ってしまうことがあります。衣服を濡らしてしまわないように気を付けているのですが、注水量を減らすわけにはいきません。


ムシ歯を削る目的は、歯を長持ちさせるためですので、摩擦熱にダメージを最小限にすることにいつも配慮しています。そのためには、歯髄にダメージを残さない削り方もとても大切です。



ブリッチ専用のフロス 

2019年12月16日

院長イラスト小.jpg

さか歯科では、フロスの使用を勧めておりますが、皆さんは使っていますか? ご家庭での口腔内のケアにもとても使いやすい清掃器具ですが、ブリッチの部分はどうされていますか?


ブリッチと歯茎の間には、歯垢や歯石は溜まりやすく、歯茎の炎症がとても起こりやすく、歯周病の原因になります。また口臭の原因にも繋がります!


今回は、ブリッチ専用のフロスとして、『ソートン スーパーフロス3ni1』を紹介します。


ソートン スーパーフロス3ni1,3.jpg


このフロスは、先端が細く硬くできているので、歯茎とブリッチの間にこのフロスを入れやすく、そのうえ中央部分がスポンジのようにふわふわしているので、歯茎を傷めることもなく、きれいにお掃除することができます。


このフロスの使い方ですが、

❶まず細く硬くできている先端を、歯茎とブリッチの間に挿入する。

❷ふわふわの部分まで通していき、少しずつ前後にずらしながら、動かす。

❸これを右から左へ、左から右へ行っていく。

このフロスで清掃した後は 、詰まっていたものが取れた感覚になり、とてもスッキリします☆

ソートン スーパーフロス3ni1,2.jpg 

ブリッチがお口に入っている方は、是非使ってみて下さい!

ご興味のある方、使い方がわからない方は、当院のスタッフが指導します。

 



2019年度の竹の里小学校の就学時健康診断に行ってきました。

2019年12月 9日

院長イラスト小.jpg

11月27日の午後2時から、竹の里小学校の就学時健康診断に、行ってきました。

就学時健康診断とは、来春4月に小学校に入学予定の幼児を対象として、小学校入学の5ヶ月から6ヶ月前に行われる内科・眼科・耳鼻咽喉科・歯科の健康診断をいいます。

2019年度の竹の里小学校の就学時健康診断


そして、就学時健康診断は、学校保健安全法により、心身の健康を確認するために行われ、安心した学校生活を始められるために行う健康診断のことをいいます。

歯科では、虫歯などお口の異常があれば、入学予定の児童の保護者に治療のお知らせをして、歯医者さんを受診していただき、学校での集団生活に備えられることを目的としています。

今年の就学時健康診断ですが、およそ30人の児童がいました。泣く子もなく、立派に大きくお口を開けることができました。

新一年生って本当にかわいいですね。

前の5件へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
院長紹介 カレンダー

2020年3月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリー アーカイブ