ドクターブログ さかの歯科のトップページへ
TOP > ドクターブログ

さかの歯科インプラント専門サイトをオープンしました。

2015年11月12日

さかの歯科では、このほどインプラント治療に特化した専門サイトである 『医療法人さかの歯科インプラント相談室』 を開設しました。

インプラント専門サイト.jpg


私が日常の診療のなかで、患者さんが疑問点に思っている所、またそしてお伝えしたい所をまとめておりました。

日ごろより患者様から、よくご質問を受けた内容となっております。

どうぞよろしくお願いします。

象牙質知覚過敏症 その1 

2015年11月 9日

さかの歯科院長似顔絵拡大.jpg
象牙質知覚過敏症をご存知でしょうか?

虫歯がないのに、歯の根元(歯と歯ぐきの境目)のあたりがしみた経験はありませんか?

これが、象牙質知覚過敏症です。歯の内部の象牙質という層が外に露出して起こってしまいます。

象牙質は、歯の中心部の歯髄(神経)とごくごく細い管でつながっています。ごくごく細い管は、象牙細管とよばれ、この細い管を通して、冷たい熱いなどの温度刺激や食物の化学成分による刺激を歯髄に伝えてしまいます。この刺激が「しみる」という痛みの症状を感じてしまうのです。

通常象牙質はエナメル質で覆われているので、上記のような現象は起こりません。ただし、歯の根元(歯と歯ぐきの境目)のところは、この象牙質が薄くなっています。噛み合わせの力が長年加わると、歯の根元に応力がかかり、この部分のエナメル質が少しづつですが、欠けてきます。そしてついに象牙質が露出するところまでエナメル質が欠けてしまうと、象牙質知覚過敏症が発現してしまうことになります。

このように、エナメル質がはがれて欠けてしまった状態(根元がえぐれたように欠けている状態)をくさび状欠損と呼びます。

象牙質知覚過敏症1.gif

生体には必ず防御機構があります。象牙質知覚過敏症が発症すると、歯自身が自分を守ろうとして、二次象牙質という新たな層を歯髄内に形成することがあります。そして自然にしみなくなる場合もあります。

しかし症状が強い時や、痛みが長く続く時など、我慢でしない時は歯医者さんに相談しましょう。適切な処置で痛みを緩和することができます。

竹の里小学校の秋の歯科検診に行ってきました。

2015年11月 2日

さかの歯科院長似顔絵拡大.jpg
竹の里小学校の秋の歯科検診に、スタッフ1名と一緒に行ってきました。
  
歯科検診では、主に虫歯や歯肉炎の有無を調べることが目的となっています。

竹の里小学校では、週1回のフッ素洗口をしていますので、以前と比べて、虫歯や歯肉炎の子供さんが少なくなりました。養護先生の熱心な歯磨き指導も大きな予防効果があると思います。
 
歯科検診2015.jpg

学校歯科医としても、うれしい限りです。
 
しかしまだまだ、虫歯や歯肉炎がある子供さんも多く、学校歯科医として、予防の重要性を訴えていけねばなりませんね。



平成27年11月のさかの歯科の休診日のお知らせ

2015年11月 1日

平成27年11月のさかの歯科の休診日のお知らせ

  1日()    3日(火) この週の4日(水)は診察します
  8日()  11日(水)
15日()  18日(水) 
22日()  23日(月) この週の25日(水)は診察します。
29日()  

28(土)は学会のため臨時休診となります。

よろしくお願いします。


妊娠さんのX線検査

2015年10月26日

さかの歯科院長似顔絵拡大.jpg
妊婦さんは、X線に関しても、おなかの赤ちゃんへの影響が一番の心配ではないかと思います。

この中で妊娠初期(3ヶ月)は、赤ちゃんのいろんな器官(目や鼻など)のもとになる部分が作られる大事な時期です。

この時期はX線に対する感受性が高く、X線の障害が起こる可能性があるといえます。したがって、X線の検査はできれば妊娠12週以降に行うほうがいいでしょう。

しかし、歯科のX線ではたとえ12週以前でも胎児に障害を起こすようなX線の量ではありません。歯科のX線撮影の際に生殖腺が浴びるX線の量は0.003mSv以下ですから、ほとんで無視できる量です。



そのうえ、鉛に入った防護エプロン(上写真)をつければX線の量はほとんどゼロとなります。

奇形の発生率に関しては、黄体ホルモン、抗ヒスタミン剤、ダイオキシンのほうがもっともっと危険なんですよ。

前の5件へ 18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28
院長紹介 カレンダー

2017年7月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリー アーカイブ