ドクターブログ さかの歯科のトップページへ
TOP > ドクターブログ

定期健診の間隔

2016年6月20日

院長イラスト小.jpg
定期健診の間隔は、どれくらいが一番良いのでしょうか?

その答えは、歯科医師もしくは歯科衛生士によって、様々だと思います。

ほとんど歯を磨かなくても歯周病や虫歯が悪くならない人もいます。また本当に一生懸命毎食後に歯を磨いているのに次々と悪くなる方もいます。

定期健診の間隔.jpg

また、「歯医者さんに診てもらわないと心配だから」という理由で、しょっちゅう来院される方もいます。

半年ほど前ですが、、4~5年ぶりにいらっしゃったある患者さんの話です。

最初は重度の歯周病で、歯がグラグラなところが数カ所ありました。

歯肉から膿みは出る、出血もある、ポケットはとても深い、という状態で、その歯周病の治療には本当に苦労しましたが、(そのうち3本は残念ながら抜歯となりました)根気良く通ってもらえたおかげで、見違えるほど良くなりました。

10年前くらい前にも、歯周病が悪くなり、今回と同じような治療をして、歯周病が良くなったにもかかわらず、その後ほとんど健診にいらっしゃらず、たま~に思い出したようにいらっしゃってました。

しかし、今回は間隔が空き過ぎたようです。

う~ん、こういう方の場合、定期健診の間隔ってどうすればいいのでしょうね????・・・・。

平成28年度の春の竹の里小学校の歯科検診に行ってきました。

2016年6月13日

院長イラスト小.jpg
6月8日(水曜日)の医院の休診日に、私と副院長そしてスタッフ2人の合計4名で、竹の里小学校に歯科検診に行ってきました。

竹の里小学校は、およそ15年前から学校歯科医として、春と秋の年2回歯科検診に行っております。

今年も春の検診の時期になりました。

今回の歯科検診を行って感じたことですが、虫歯がいっぱいというお子さんが本当に少なくなり、また、歯肉炎を発症しているお子さんも少なくなりました。

ただ、今年も残念なことに、昨年の歯科検診用紙に虫歯と記入しているにもかかわらず、今年も同じところに虫歯がある子供さんがありました。おそらく、歯医者さんに行ってないのでしょうね。

平成28年度の春の歯科検診1.jpg

最後に。。。。虫歯のあった人は、秋の歯科健診までに、歯医者さんに行ってしっかり治療しましょう。

H27.5学校健診2.jpg

銀歯が取れた!

2016年6月 6日

院長イラスト小.jpg
せっかく治ったと思ったのに、時間が経って銀歯が取れた経験はありませんか?

もし、取れてしまったら、放置しているのは一番よくないので、必ず歯医者さんに行きましょう。

ところで、どんな問題があるか考えてみましょう!

銀歯が取れた.jpg

銀歯がとれる理由として、

(1)ガムなど粘着性の高いものを食べることが多い人
皆さんのご想像通り、分かますよね。
そういったものを食べると比較的取れやすいですね。

(2)治療して治した歯が、再度虫歯になった。
せっかく治療した歯ですが、虫歯になると銀歯は取れてしまいます。

(3)治療して治した歯自体が折れたり、ひびが入った。
歯自体が折れたり、ひびが入ったりすることがあります。歯根まで折れると抜歯になることもあります。

(4)セメントが劣化した。
なるべく起こってほしくないですが、これが原因の時もあります。
これはどちらかといえば歯医者側の責任になりますね。
銀歯を合着する際に、何かしら問題があったのかもしれませんね。

まあ、こんなところでしょうね。このような原因で銀歯がとれてしまうんですね!


一番大切なのは、銀歯がとれてそのなまま放置していると、虫歯がなくても必ず虫歯になってしまいます。

それは銀歯を入れておくことで歯を守っていたからです!

なるべく早く歯医者さんを受診して、重症化を防ぎましょう!

平成28年6月のさかの歯科の休診日のお知らせ

2016年6月 1日

平成28年6月のさかの歯科の休診日のお知らせ

                 1日(水)   
  5日()     8日(水)
12日()  15日(水) 
19日()    22日(水)   25(土)は歯の広場に院長が出席するため休診します。 
26日()  29日(水)    
 

よろしくお願いします。


村岡秀明先生の講演会に行ってきました。

2016年5月30日

院長イラスト小.jpg
5月29日(日)の10:00 ~ 16:00に村岡秀明先生の講演会に行ってきました。

村岡秀明先生の講演会.JPG

今回の講演会は、和田精密という日本最大の技工所が主催していました。

村岡秀明先生は、我々歯科医師の中では大変有名な入れ歯の名医の先生です。患者さんの立場に立ったいればを研究したいという思いから、村岡先生自身の健全な奥歯を9本も抜歯して、自分自身に入れ歯の入れて研究をされている先生です。

【講演内容】として
私のパーシャルデンチャー臨床の進め方
私自身のパーシャルデンチャー装着体験談
私自身のパーシャルデンチャー個人トレー印象を皆さんの前で採ってみせる
間接法による軟性裏装の方法
スマートデンチャーを応用した私の臨床入れ歯の型取り

村岡秀明先生の講演会2.JPG

本当に入れ歯の診療に熱心な先生で、講演会の中でもその熱意が伝わってきました。
私も、補綴専門の歯科医師として大きく感銘を受けました。

今後の診療に生かしていきたいと思っています。
前の5件へ 14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24
院長紹介 カレンダー

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリー アーカイブ