ドクターブログ さかの歯科のトップページへ
TOP > ドクターブログ

平成29年5月のさかの歯科の休診日のお知らせ

2017年5月 1日

平成29年5月のさかの歯科の休診日のお知らせ

  3日() ~ 7日(日)   GWの休みとさせていただきます。
 
  7日()    10日(水)
14日()    17日(水)   
21日()  24日(水)    
28日()  31日(水) 

よろしくお願いします。


歯と歯ぐきは健康を支えています

2017年4月24日

院長イラスト小.jpg
私達人類そして生物は、毎日食物を摂り、それをエネルギーにして生きることが出来ます。

そして歯は食物を噛み砕くための、大切な臓器となります。歯ぐきはその歯を支える大切な器官となります。

大人の歯は、親知らずを含めて32本あります。しかし、年を重ねるたび、残存歯はどんどん減って行きます。
80才では、平均はわずか6本程度と言われています。

長生きして、そして食事を美味しく頂きたいですよね。健康を支えている歯が丈夫でなければ、どうしようもありません。

歯と歯ぐきは健康を支えています.jpg

歯のしくみと働きをよく理解し、歯周病をしっかり予防することで、歯をできるだけ長持ちさせてましょう。そしておいしく食事をし、生き生きとした毎日が待っていますよ。

 

虫歯を治したのに、歯がしみる?

2017年4月17日

さかの歯科院長似顔絵拡大.jpg
「虫歯を治したのに歯がしみるのは、どうしてなのでしょうか?」という質問がよくあります。

ほとんどの場合、虫歯ができるところは歯の神経(歯髄)まで「1~2mm」の距離のところにあります。そのため、麻酔をしないと深い虫歯の治療はできません。

イメージ 1

そのため、麻酔をすることで、治療中の痛みを軽減することができるのですが、「神経への刺激」に関しては麻酔のため自覚できないだけで確実に存在します。

もちろん、神経に近い部位では虫歯を削る際に注水下で行い、神経への刺激を軽減できるように慎重に治療を行いますが、それでも神経への刺激をゼロにするというのはできません。

そのため「虫歯を治療をしたのに歯が痛い」「虫歯を取ってから歯がしみる」等の症状が出てくることがあります。

ほとんどの場合、この神経の炎症は数日~数週間で落ち着くことが多いのですが、あまりに神経に近いところまで虫歯が深く進行していた場合では、神経の炎症が収まらないことも多く、「歯髄炎」になってしまい神経を取ることになります。

『痛い・しみる』などの症状が出てからでは、虫歯治療をしても治療後も症状が残る事がある」と思ってください。

症状が出る前に発見できるよう、定期的に検診を受けてくださいね。

日本初の歯医者さん

2017年4月10日

院長イラスト小.jpg
日本初の歯医者さんは、小幡英之助という江戸~明治時代の方です。

1850年に現在の大分県中津市の中津藩軍学師範の藩士に生まれ、明治2年(20歳)に上京し、叔父である小幡篤次郎を頼って、慶應義塾に入りました。

そして同郷出身の医師の下で、まず医学を修め、その後横浜で外科を習得したそうです。

日本初の歯医者さん.jpg

その後、来日していたアメリカ人歯科医師のセント・ジョージ・エリオット氏から、歯科医学を学んだそうです。

明治時代、日本は欧米の様々な制度を盛んに取リ入れており、明治7年には医師が新規開業するための『医制』という制度が出来たそうです。

ただし、その時代には『医制』の中には「歯科」 の項目はなかったのです。

そこで小幡英之助氏は、「医師ではなく、歯科医師だ。歯科試験を受けたい」と申請し、
日本初の 歯科医術試験 を受けました。

そして明治8年になって、小幡英之助氏は、歯科医術開業免許を取得となったそうです。つまり日本で初めての歯科医師となったのです。

人情に厚く、業務上の器具に改良に改良を加えて歯科医術の向上に努めたと言われています。

入れ歯のお手入れ

2017年4月 3日

院長イラスト小.jpg

入れ歯のお手入れのお話をします。

最大のメリットは、お口から取り出せるので、両手でゴシゴシと磨いてお掃除できる点が利点ですが、毎日しっかり磨いているという方でも結構汚れが残っていることがあります。

今回は、入れ歯を使用されている方のための、お手入れのポイントをお話したいと思います。


①入れ歯用ブラシ

入れ歯のお手入れは一般的に「入れ歯用ブラシ」を使います。

通常私たちが歯を磨く歯ブラシと同じ素材でできています。ただ「入れ歯用ブラシ」の毛先は、通常の歯ブラシよりも硬いため、入れ歯の頑固な汚れを落としやすい特徴があります。

またその柄が太いので持ちやすく、高齢者の方でも力を入れて磨きやすくなっています。


入れ歯用洗浄剤

入れ歯用ブラシでよごれを落とした後、「入れ歯用洗浄剤」を使いましょう。

入れ歯のお手入れ.jpg

入れ歯用洗浄剤の効果として、洗浄作用・殺菌作用・消臭作用があります。

長く、きれいに使うためには、毎日「入れ歯用洗浄剤」を使いましょう

残った歯を守るためにも、入れ歯のケアーはとても大切です。


よく噛んで、おいしく食事ができるように、毎日のケアに励みましょう!


前の5件へ 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20
院長紹介 カレンダー

2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー アーカイブ